FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

吹抜けにタテ型ブラインド

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


プレーンシェードのヒモ(昇降コード)は汚れていませんか?

P1000803_convert_20110208020449.jpg
写真の上に写っているコードは15年間使用された物。もともとはホワイト。
下に写っているのは今回取り替えた新品のコード。
凄い汚れです・・・

昨日、レースのバルーンシェードの生地のみ交換に伺いました。
昇降コードも取り替えたのですが、きれいになったコードを見て、他の窓のプレーンシェードもコードだけを取り替えてほしいとの依頼。
この写真は、その際のプレーンシェードのコードです。

当時(15年前)は、コード式が主流で、昇降の度にコードに手が触れるので、このようにひどく汚れているケースもあるでしょう。

コードのみのお取替えもできますので、お問い合わせください。
また、ちょっと器用な方であれば、コードだけ購入してご自分で交換できますよ!


P1000804_convert_20110208020532.jpg
こちらはドラム式。樹脂のボールチェーンを引いて昇降させるタイプ。
現在ではこのドラム式が主流です。この場合、コード式のヒモよりは、汚れが付きづらいでしょう。


さて、施工現場の紹介です。
リビングの大きな吹抜けの壁一面にタテ型ブラインドを付けました A 様邸です。

P1000625_convert_20110208235330.jpg

P1000629_convert_20110208235411.jpg

P1000630_convert_20110208235454.jpg

幅4m、高さ6mのタテ型ブラインドです。
1階部分と吹抜け部分の上下に分けて付ける方法もありましたが、お客様と相談する後、やはり閉めた時に一番スッキリする形として、1台で吹抜天井から床まで下げる様に決めました。

P1000633_convert_20110208235535.jpg
2階ホールから居間を見下ろす。
横の窓はタテ型ブラインドと同じ生地でロールスクリーンが付いています。

P1000639_convert_20110208235610.jpg
外から見たところ。

真っ白なしっくいの壁にライトグレー(ほとんどホワイト)の布製のタテ型ブラインドとロールスクリーンで統一されています。
布製のタテ型ブラインドの場合、高さの製作サイズが4m~4.5mまでの商品がほとんどですが、今回施工したTOSOのコルトシリーズは6mまで製作できます。
生地のねじれが発生しづらい織りになっているのでしょう。

写真の他、タテ型ブラインド、ロールスクリーン、プリーツスクリーンなど21箇所もある大きな住宅ですが、どれもホワイトもしくはダークブラウンのいずれかの色に統一しました。

明るく開放的な吹抜とホールが特徴のモダンな外観ですが、内部はシンプルでありながらもダークブラウンの化粧柱と、壁・天井全ての漆喰塗りから柔らかな印象を受ける素敵な住宅でした。


  1. 2011/02/08(火) 23:11:05|
  2. タテ型ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/84-d03b486f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)