FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

無地2色使いでアクセントを付けた寝室のカーテン

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

今日の仕事のキーワードはカーテンレール。

午前中、市内の中学校へ。

当社は市役所関連のお仕事も沢山いただいているのですが、昨日連絡があり、2年前に新築した教室のカーテンレールからランナーが破損してポロポロと落ちてくる? との問い合わせ。

連絡を受けてピン!ときたのですが、多分レールのジョイント部に問題があるのだろうと・・・。

今朝、早速確認の為訪問しました。
ところが大問題です! 確かにジョイント部の悪い箇所もありましたが、それよりもジョイント部でなくても強くカーテンを引くとランナーが外れてくるのです。

私も24年程この業界にいますが、初めて見たケースです。

見た目には、いわゆるステンレス製のC型レール(TOSOの呼び名)ではあるものの、明らかに類似品です。

もともと商品が悪いのか、レールとランナーが異メーカーどうしの組み合わせになっているのか、その辺は不明ですが、このままではどんどん被害が膨らむので、納入業者を調べて対策してもらうべきと伝えてきました。

いくら正しい優れた正規品を使っても、20年、30年と経てばレール部品は破損してきます。しかし、2年足らずでこの様になるのは問題です。

私はこのブログでカーテンレールの重要性は常に書いていますが、同業者がこの様な施工、納品をすることに憤りと悲しさを感じます。

プロであるならば、もっときちんとした仕事しましょうよ!

20110202102805.jpg
参考までに問題のレールです。
これはジョイントにも問題ありです。ムリやり他メーカーのジョイント金具を挿入しています。



午後からは、老人施設の浴室にカーテンレールを施工に行ったのですが、長さを測って、さぁ切ろう!と電動丸のこを回した瞬間、あれっ!何か違う・・・? スチール製のレールだったのです。

浴室なので、スチール製だと忽ち錆が出てしまいます。
アルミ製を手配していたのに・・・ショック!
取次ぎ問屋さんの手配ミスのようです。
明日、再びやり直しです。
誰でも間違いはあるのでしょうがないです。

これは間違い、でも前述のは故意?でしょうか・・・。



さて、愚痴は以上で、爽やかな新築現場を紹介します。

大きな開放感ある吹抜けがポイントの S 様邸です。

P1000654_convert_20110203004805.jpg
【リビング】開放的な吹抜けのあるリビングにホワイトベースの葉柄プリント。
明るく爽やかなお部屋になっています。

P1000660_convert_20110203004905.jpg
カーテンのプリーツを柄位置を合わせてとっているので、きれいに葉柄が整列しています。
正面の蓄熱暖房器が大きくて、カーテンを長く下げれないのが残念。

P1000661_convert_20110203004948.jpg
【食堂】プレーンシェードと共柄クッション、小判ファブリックパネル

P1000647_convert_20110203005033.jpg
【階段ホール】ニッチのクロス色に合わせてオレンジのロールスクリーン
内付けレースにもオレンジのプリント(小花柄)が入っています

P1000651_convert_20110203005123.jpg
【主寝室】無地2色を使い、両サイドにアクセントを利かせました。
同じ遮光生地の色違いを巾継ぎの位置で合わせています。
余計に費用を掛けずにこだわったカーテンを作れます。

P1000652_convert_20110203005214.jpg
小窓は同じように2色使いのプレーンシェード

この2色を巾継ぎの位置で切り替えるのは、カーテンメーカーのスミノエが数年前からデュアルと銘打ってお薦めしているスタイルです。
柄物はイヤで、でも無地のカーテンでは少し物足りないなどと言う場合には、このように遊びを入れるのも良いでしょう!



  1. 2011/02/02(水) 23:21:19|
  2. カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/83-b70ac55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)