FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

麻(リネン)100%のドレープとレース

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

今日は火曜日で当店は定休日なのですが、繁忙期ともなれば零細企業の経営者は休む事などできません。
ここのところずぅ~っと休みなしです・・・。

それが原因か、今日は朝一で打合せを終了してからいざ室蘭へ。ちょうどお昼くらいに取引先の工務店に到着し商談が終わる頃、「荒川さ~ん!ラーメンできたよ!!」と事務員さんからお手製のお昼をご馳走になりました。
美味しかったぁ~ご馳走様でした。

その後、ロールスクリーンとブラインドの施工をこなし、新築の柄決めを終えてから、北広島市の現場に移動。

現場の写真撮りを終え、お腹が減ってきたので、同業者の友人とご飯を食べようということになり、ここは友人オススメのお店へ。

「カレーラーメンの美味しいお店があるけどどうだい?」という友人の問い掛けに「いいねぇ~」と賛同し、いざラーメン店へ。

その名も「めん処きたひろ」。北広島市のラーメン店で「きたひろ」シンプルな屋号です。

迷わず、「カレーラーメン」を注文。配膳を待つ間、メニューのラーメンの写真を見ていると、「あれっ!お昼もラーメンだ!!」とやっと気が付いたのです。

昼食から夕食までの間にいろんなことがありすぎて忘れていたのか、それとも流行の健忘症?なのか・・・とにかく2食もラーメンを食べました。

私は多分他の人たちよりラーメンは食べないので、これは生涯初の出来事です。

「めん処きたひろ」のカレーラーメン、とても美味しかったです。

実は、カレーラーメンは苫小牧が発祥と言われており、有名店が2店ほどあります。また、今日行っていた室蘭も組合か何かで盛り上げており、各店でカレーラーメンを出しています。

私もラーメンはあまり食べないと言いつつも、苫小牧はもちろん、室蘭、登別のカレーラーメンも何度も食べていますが、今日の味が一番!と思いました。

店主がいろんなカレーラーメンを食べ歩き、研究し続けてできた味だそうです。う~ん、旨っ!!。
メニューに「やみつきになるカレーラーメン」とかって書いてありましたが、確かにやみつきになるかも。

と、カーテンの施工ブログなのに、長々とラーメンの話となりましたが、お昼の家庭の味、夜のプロが研究した味、どちらもとても美味しかったです。


それでは、施工現場の紹介です。

K様邸 設計事務所管理の大変こだわった平屋建て住宅です。

当店は、主寝室の窓 1ヶ所のみご注文をいただきました。

それもそのはず、他の窓には全てブラインド内蔵のサッシが付いており、カーテンは不要なのです。

主寝室はオーナー様のこだわりで、麻のカーペット敷き詰め、カーテンもドレープ、レース共に麻100%の商品で納品いたしました。

P1000388_convert_20101117011308.jpg
窓の下にはパネルヒーターがありますが、暖房効率より見た目を重視し、カーテンは床までで製作しています。
カーテンと窓の間に暖気がたまりますが、カーテンからも放熱してくれるので大丈夫でしょう。

P1000391_convert_20101117011346.jpg
ドレープはLINASのリトアニアリネン(L2012)
麻は湿気を帯びると縮む性質があるので、予め湯通しをして生地を安定させてから縫製しています。
また、平織りで遮光性には劣るので、綿の裏地を付けています。

P1000392_convert_20101117011423.jpg
レースはマナトレーディングのジル(24番色)こちらも麻100%の生地です。

麻(リネン)は眠りを誘うと言われています。
より深く心地よい眠りに付くことが科学的にも証明されているそうです。

と、カーテンは理想通りに仕上がったのですが、カーテンレールが何じゃ?これ?!

P1000384_convert_20101117011134.jpg

設計仕様書では、19Φのアイアンレールが付く事になっており、レール詳細図までもがあったのですが、実際に施工されていたのがこのレール?
P1000386_convert_20101117011229.jpg
ポールは手すり棒?
  (カーテンポールと手すり棒は違います)
リングランナーはステンパイプ用のリングフック?
  (DYIショップに売ってます・・実際に足りなくて買い足しました)
両端の木製リングランナーは木ネジを貫通させポールに固定?
  (間違いなく使用中にリングランナーが割れます)

いいんでしょうか・・・?これで・・・。

私はこのブログで批判的な事を書くつもりはなかったのですが、さすがにこれはカーテンのプロとして許せない部分です。
大きなブラケットベースが塗り壁に固定されている為、カーテンレールをはずして取り替えるにはリスクが大きすぎるので、諦めるしかありません。

設計事務所の先生、最後までこだわってくださいよ!たかがカーテン、たかがレールなどと考えないで・・。


キッチンの雰囲気がとても良かったので写真におさめました。
P1000393_convert_20101117011502.jpg

カーテンレール以外は、設計士とオーナーのこだわりが随所に表れたすばらしい住宅でした。







  1. 2010/11/16(火) 23:40:55|
  2. カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/67-23429ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)