FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

シンプルなインテリア~タテ型ブラインド~

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

昨日、弊社も会員として日々勉強をさせていただいている「北海道中小企業家同友会」の全道経営者研究集会が札幌で開催され出席してきました。

全道から1000人もの経営者が集まり、2日間にわたり学びあう集会です。

初日の昨日は、20の分科会に分かれ、それぞれのテーマで研修をしました。

私は、社会人になるにあたり、営業販売職を選ぶきっかけとなったのが学生時代の洋菓子店でのアルバイト経験だったものですから、なんとなく洋菓子製造販売業の「きのとや」の長沼社長の実践を学べる分科会を選択しました。

4時間半にもわたる会議ですが、講和やテーブルディスカッションの中から、たくさんの事を学び、有意義な時を過ごさせていただきました。

特に印象に残ったのは、札幌の洋菓子協会が実践し、成果を生んでいる「競争」から「共創」への変革についてです。
 (興味のある方は、“さっぽろスイーツカフェ”で検索)

まさに、私共のカーテン業界もこれを見習わなければなりません。
販売店同士の「競争」も必要ですが、もっと大切なのは、需要を「共創」すること、つまり、インテリアとしてのオーダーカーテンをもっともっと楽しいものにし、市場の底上げと拡大を業界全体として考えて行かなければならないと思います。

今回の大会テーマにもなっていた「共創」、色々と考えさせられる部分がありました。

今日は朝から全体会議、基調講演会がありましたが、私は商談予定があったので、朝早く帰苫してきました。



さて、このブログは施工日記なので、硬い話は以上で現場紹介に移ります。

先日納品の千歳市 M 様邸です。

20101017000815.jpg
リビング:タテ型ブラインド

20101017000924.jpg
窓が上下左右に4つ並んでいます。カーテン屋としては提案に色々と悩むパターンですが、今回は大きな1つの窓ととらえ、タテ型ブラインドを壁付けで提案しました。

20101017001017.jpg

20101017001111.jpg
階段を5段上がって食堂のステップフロアです

20101017001202.jpg
食堂:テラス窓はタテ型ブラインド、小窓は同生地でロールスクリーン


20101017001254.jpg
寝室:これまたカーテン屋泣かせの窓です

20101017001348.jpg
4つ窓はタテ型ブラインド、スリット窓3つはロールスクリーンです。
変化をつける為真ん中だけ色変えをしました。

20101017004159.jpg
寝室のスリット窓は玄関の上に位置し、道路から目立ちます。
中央のマゼンダ色のロールスクリーンがワンポイントになっています。

最近は住宅用のタテ型ブラインドをメーカー各社とも安価でだしているので使い易くよく出てます。





  1. 2010/10/16(土) 23:56:23|
  2. タテ型ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/57-eab05d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)