FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

電動ロールスクリーン

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


昨日ご紹介のF様邸、吹抜けに電動式ロールスクリーンを3台取り付けました。

吹抜け部にFIXの窓が3枚、2Fホールに滑り出し窓が1枚あります。
FIXの窓の場合、ロールスクリーンは枠内側に取り付けるのが常ではありますが、今回はホールの滑り出し窓が枠内に取付が不可の為、揃えて全て窓上に壁付けとしました。

P1120269_convert_20160408231047.jpg

吹抜け部の施工には、小型の仮設足場を使用します。

P1120265_convert_20160408231119.jpg

4つの窓のロールスクリーン、きっちりと寸分の狂いもなく取付するために、墨だしレーザーを使用します。

P1120266_convert_20160408231142.jpg

電源コンセントは、極力目立たなくする為、家具用の一口コンセントを設置いただきました。
写真に写っている赤いラインは、墨だし器から発せられたレーザーラインです。

P1120272_convert_20160408231204.jpg


当店は、頻繁に電動式のロールスクリーンを取付しておりますが、それぞれのケースに応じた、電源位置やコンセントの設置等、事前の打ち合わせが大切に思います。
その事前打ち合わせと、施工に伴う機材や道具の充実で初めて安全できれい、そして確かな施工ができるものと思っています。

今回は、タチカワブラインドの電動α静音タイプを採用いただきました。
とても静かな作動音と、価格の安さが魅力の商品です。

よく電動式のロールスクリーンを販売する時に、お客様から何年くらい壊れないの? っていう質問を受けます。
メーカーでは何万回とい動作テストをしているのでしょうが、発表の数値だけではなかなか信憑性に欠けるものです。

当社では、この商品が発売になった平成18年から、かなりの台数を販売してきましたが、未だモーターの故障はゼロです。
先日、たまたま一番最初に納めたお宅に伺う機会があり、調子を尋ねたところ、引っ越しからほぼ毎日1~2回の開閉を行っているとのことでしたが、トラブルはありません。

定価23000円程ののアップで電動式となり、10年使っても全く故障がないとなれば、やはり吹抜けの窓などには、絶対におススメの商品だなと、改めて感じた次第です。

是非、吹抜けの窓には、電動リモコン式のロールスクリーンをつけましょう!!
配線、コンセントの設置の関係で、早めの打ち合わせが必須ですよ!




  1. 2016/04/08(金) 22:32:07|
  2. 電動式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/308-f4d3ea8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)