FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

北欧ブランド『アルメダール』と『フィンレイソン』

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

あけましておめでとう・・・から、早や5カ月以上、またまたやっちまったぁ~てな感じでサボってしまった。

この間、懲りずに定期的に訪問いただいた方々、また、最新記事がないにもかかわらず、このブログを読んでご来店いただいた皆様、ありがとうございます。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
過去にないほどの年初からGWまでの受注量でした。その間に、息子の道外への進学に伴う引っ越しがあったり、友人の選挙応援があったりと、まぁ~爆走した数か月です。

ちょっと落ち着きましたので、完全復活!!(しかし、この言葉にはもう重みがありません・・・


さて、たくさんの温めてあった施工例写真から、今日は私のお気に入りの北欧ブランドを採用いただいたお宅を紹介します。

P1090848_convert_20150515223013.jpg

スウェーデンのアルメダール社のプリント『Surt sa raven(キツネとぶどう)』をダイニングの小窓にプレーンシェードとしてご採用いただきました。
カウンター上のシェードのサイズが丁度良く、ファブリックパネルを飾っているかのように見えます。
幾度となく納品している生地ですが、私個人としてはとてもお気に入りの一点です。

P1090850_convert_20150515223204.jpg

レースは窓枠内に通常のカーテンとして取付。お洗濯や、通風を考えての提案です。

P1090851_convert_20150515223236.jpg

ちょっとだけ遊び心を入れ、裾はブラウンの糸でウエイトロック仕上げ。

P1090855_convert_20150515223302.jpg

隣接するリビングの窓には、2色使いのコンビネーションスタイルカーテン。
ダイニングのプレーンシェードに色合わせをしての配色です。

P1090854_convert_20150515223326.jpg

いわゆる上下に生地を繋ぐ、胴接ぎを行っておりますが、形状記憶加工により、とてもきれいなウェーブを生み出しています。

P1090857_convert_20150515223353.jpg

こちらは、ソファの上に並べていただくクッション。パイピンの色や太さ、また敢えて生地の切り替えしを入れ、変化を付けました。


P1090840_convert_20150515223418.jpg

ご主人のお部屋には、フィンランドの人気ブランド『フィンレイソン』から、魚たちをパターンでブロック風に表現した、まさに北欧テイストなデザインの生地を採用。

P1090839_convert_20150515223452.jpg



P1090844_convert_20150515223517.jpg

こちらは奥様のお部屋。同じく『フィンレイソン』から、草花を顔料プリントで表現した上品で可愛らしい生地。

P1090843_convert_20150515223540.jpg



リビング吹抜け部には、リモコン操作の電動ロールスクリーンを取付。

P1090861_convert_20150515223627.jpg

P1090866_convert_20150515223656.jpg

建設工事初盤で電動式を使用することが決まっておりましたので、コンセントの指示を建設会社様に依頼いたしました。
窓上のマグサを避けての最も窓に近い位置に設置いただいております。

P1090835_convert_20150515223605.jpg

作業風景。当社では、法令順守と安全目的の為に、吹抜け作業は必ず写真の様な仮設足場を設置します。
手間のかかる作業ではありますが、安全で丁寧な仕事をするためには必須なのです。

以上、とても素敵なお住まい、N様邸をご紹介いたしました。


  1. 2015/05/15(金) 23:29:07|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/280-fb91b97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)