FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

外観を考えてカーテンを選ぶ

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。



お隣の登別市から当社ショールームに足をお運びいただいたお客様です。

ご新築にあたり、カーテンは妥協せずにじっくりと考えて決めたい、そんな思いでご来店いただきました。


P1080387_convert_20140513211758.jpg

リビングには3連の窓と1間半のそれぞれ腰高窓。
お客様の希望は、ダークなブラウン系で統一し、尚且つ、3連窓をその形を活かしたカーテンスタイリングにしたいというものでした。

P1080390_convert_20140513211827.jpg

提案は、写真の様に3連窓はプレーンシェード、レースはそれぞれ枠内付けとし、横の大きな窓はレギュラーカーテン。

生地は、ブラウン系でシックながらも、葉柄がジャガード織で表現されている高級感ある生地です。

P1080394_convert_20140513211855.jpg

プレーンシェードでフラットな状態になると、より柄が浮き出てきます。

同じお部屋の中で、カーテン、プレーンシェードと形を変えて吊るすことで変化も生じ、また、より生地の個性を引き出す事も出来、延いては深みのあるインテリアを演出することができるのです。

ここでは、選ぶ生地や、その加工の仕方(良し悪し)が大切になるのですが・・・。

今回の生地は、カーテンに仕立てた時には、プリーツ性があまり良くない性質(横糸のハリが強い)がありましたので、真空釜による形状記憶加工で強制的に美しいプリーツをつくっています。


P1080401_convert_20140513211926.jpg

主寝室も同じ生地を採用いただきましたが、こちらの窓は1階で道路に近く面していることから、安心してお休みいただけるように遮光裏地を付加しております。



P1080374_convert_20140513211951.jpg

2階の洋室の窓は、正面の道路からもよく見える、外観上大切なところ。

くっきりとチューリップの柄が刺繍されたイギリス製のレース生地をプレーンシェードに仕立て。
(フジエテキスタイル WORLD FABRICS WF1502)

P1080375_convert_20140513212018.jpg

お部屋の中からも、外からも楽しめる素敵な生地です。




P1080384_convert_20140513212042.jpg

こちらは階段の窓。同じ面に並ぶ4つの窓は全て同じレーザーカット柄で統一しました。
こちらも道路に面しており、昼、夜共に道行く車や歩行者を楽しませてくれそうです。

全体にシックでありながら、上質な仕上がりとなったお宅でした。



カーテンを決める上で外からどう見えるか、という点も重要なポイントとなります。
住宅の外観をいくら素敵にデザインしても、窓に下がるカーテンが酷いとその外観は台無しです。
シンプルにスッキリと仕上げるのも良し、また、外にきれいに見える柄やスタイルを考えるのも良しでしょう!
家の形や外壁を選ぶ時と同じように、カーテン選びもこだわりを持って考えましょう。
困った時には、経験豊富なカーテン専門店へ!!


  1. 2014/05/13(火) 22:33:27|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/266-68c56266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)