FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

調光できるロールスクリーン「ビジック」

苫小牧のオーダーカーテン・ブラインド専門店「インテリア荒幸」のブログです。

昨日に続き I 様邸 Part.4 です。

まずは、タイトルにしました「ビジック」調光ロールスクリーンの施工写真です。
1台で無断階に調光できます。
スクリーンのサイドにあるチェーンを操作すると、シースルーと不透明生地を交互に織り込んだスクリーンが上下に交差します。もちろん、普通のロールスクリーンのように、スクリーン本体の昇降も可能です。

20100718014848.jpg

20100718014953.jpg

上の写真が閉めた状態、下の写真は光を取り入れている状態です。
機能的には、なかなかの優れものです。

詳しい動作説明はメーカーのホームページをご覧ください。 → こちら

次に、洗面脱衣所には、木製ブラインドを付けています。

20100718015057.jpg
ニチベイクレール50ラダーテープ仕様です。
木製ブラインドは遮蔽率が多少劣りますので、脱衣室などに使用する場合は、閉めた時の羽の向きに注意が必要です。普通のブラインドで金属感や軽っぽさが気になる時には、やはり木製ブラインドはGooDです!

玄関ホールはレースのみ。
20100718015231.jpg
     (IN HOUSE IH141-01)
オーガンジー地に刺繍が施してある生地です。
カーテンを束ねるタッセルは当社オリジナルのギャザータッセルです。
家中からはもちろん、外から窓を見ても、エレガントに、そしてちょっと可愛らしく映ります。

廊下は壁クロスとの調和を考え、オレンジ色の無地のカーテンです。
20100718015151.jpg
  ドレープ:IN HOUSE IH082-05  レース:FT1871(プレーンシェード)
床から花畑のようにオレンジ系の花が並ぶクロスの邪魔をしないように、無地のドレープです。
高級感ある光沢と、生地のしなやかさ、クロスチェック柄に織られたステッチ模様が素敵です。

この他、主寝室、書斎、客間1、客間2 とそれぞれこだわったカーテンをつけていただいていますが、写真の写りが今一つなので掲載はやめます。

4日間にわたり写真を交えてご紹介をしてきましたが、本当に各部屋それぞれにテーマをもってすばらしい商品を選択していただきました。アドバイスをさせていただく私も楽しく、そしてとても勉強になった現場です。

全く同じ仕事が二度とないのがこの仕事、一軒一軒それぞれ求めているものが違います。また、たとえ同じ商品を取り付けしても、家が違えば仕上がりは違います。
この辺がこの仕事に二十数年取り付かれている要因でしょう!
これからも、お客様一人ひとりのそれぞれの"夢"実現のお手伝いに真剣に向き合って参ります。
お客様から喜ばれ、そして感謝されるカーテン屋を目指して・・・。

  1. 2010/07/17(土) 23:58:43|
  2. ロールスクリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/26-6c02be7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)