FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

ブラインドだって楽しめます・・・

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


新築住宅の柄決めを行う場合、どうしてもお客様からあまり評価を受けていないのがブラインド。
ひと通りのメカ物(シェード類やプリーツスクリーン、ロールスクリーンなど)のそれぞれのメリット、デメリットを現物サンプルを用いて説明をするのですが、『ブラインドはちょっと・・・』と首をひねるお客様が多いのが現状です。

木製ブラインドともなれば、その質感や重厚感がマイナス部分を補うほどの魅力を感じ、支持を得ることができるのですが、昔からある一般的なアルミスラットの横型ブラインドは、過去に汚れや、羽折れ(曲がり)の経験があるのか、反応はイマイチです。

調光という点では、最も優れたアイテムなのですが・・・。


さて、そんなブラインドですが、アイデア次第でとても素敵になりますよ。

P1080176_convert_20131009230257.jpg

キッチン横の小窓にシルキーカラーコーディネートタイプを付けました。

P1080177_convert_20131009230327.jpg

上部には、スウェーデン、アルメダール社の「perssons kryddakap」でフラットバランス。
そして、ブラインドのスラットカラーに、ブルー・オレンジ・グリーンのポットの色を挿しこみコーディネート。

奥様の大好きなファブリックをバランスに使い、機能性を重視したブラインドと合わせてとても素敵な窓を演出することができました。



次に玄関の様子。
このブログでもよく紹介しておりますが、当店では大人気のB-fifty デザインタイプ。

玄関ドアを挟んで両側の小窓に、柄違いで取り付けました。

P1080182_convert_20131009230352.jpg

P1080184_convert_20131009230711.jpg

P1080183_convert_20131009230644.jpg

昼も夜も来客者を優しく迎えてくれそうです。


今日は、当社で最近人気の高いブラインド2タイプ、シルキーコーディネートタイプとB-fifty デザインタイプをご紹介しました。

次回は、こちらのお宅で採用いただいた、イギリスブランド『ハーレクイン』のファブリックを中心に書きますね。





  1. 2013/10/09(水) 21:57:46|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/250-6c808bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)