FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

ロールスクリーンボックスをつくる

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


間仕切りにロールスクリーンを取り付ける予定のある場合は、予めロールスクリーンボックスを付けておくと納まりが良いです。

P1060096_convert_20130424001620.jpg

近年ではよくあるシューズクローク。引き戸の建具が付くケースも多々ありますが、簡易的にロールスクリーンで仕切ることもよくあります。
その場合、生地を上げた時に、ロールスクリーンの巻が壁の中に納まった方がきれいなのです。

P1060094_convert_20130424001731.jpg

P1060097_convert_20130424001703.jpg

設計段階、あるいは木工事初期であればこのような細工が可能でしょう。


同じ住宅のリビングと階段を3段ほど下りた奥様のお部屋と仕切りにもやはりロールスクリーンボックスを作っていただきました。

P1060093_convert_20130424001758.jpg

P1060091_convert_20130424001836.jpg

リビング側からの目隠しにロールスクリーンで間仕切り。

P1060092_convert_20130424001902.jpg

そして、ロールスクリーンボックスに収納されている時は、リビング側からは、ほとんど見えません。
代わって現れたのは・・・ファブリックパネルが飾られているかのように取り付けられた、ウィリアム・モリスの『いちご泥棒』のプレーンシェード。

P1060088_convert_20130424001933.jpg

お客様が当社ショールームにお越しいただいた時に、この生地を大変気に入っていただき、どの窓に飾ろうかと悩んだ結果、やはり奥様の一番目に触れるこの場所にご採用いただいたのです。

P1060089_convert_20130424001959.jpg

カフェカーテンもリネンライクな生地を2色使いでアンティーク感を醸し出しています。
このカフェカーテンの裾は、ブラウンの色糸で太めのロック加工。そして、細かな美しいウェーブが生まれるように形状記憶加工を付加しております。この辺は、私のどうしても譲れないこだわりの一つなのです・・・。


ロールスクリーンボックスの話に戻りますが、住宅の設計士と打ち合わせの際に、もしもこのように間仕切りが必要と感じていれば、早めに相談することが望ましいです。しかし、建物の構造上、掘り込んで作ることのできない場合もあります。その場合は幕板で隠すなど、別の方法できれいに納まる様、考えるのがよいでしょう!!







  1. 2013/04/24(水) 01:08:17|
  2. ロールスクリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/224-3780edde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)