FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

フロントレースのダブルシェード

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


フロントレースのダブルシェードの取付例のご紹介です。

P1060278_convert_20130220003828.jpg

前幕のレースは、リーフ柄のオパール加工で透け感の強い生地、後幕はアップルグリーンの無地。
フロントレーススタイルとしては、このダブルシェードが最も一般的な形だと思います。
当社においては、ダブルシェードよりも、後ろ側にはロールスクリーンを窓枠内に充てる事の方が多いかもしれません。
それは、前幕と後幕の干渉を防ぐ意味や、将来的にレース、厚地のいずれかをお取替えいただく時に、通常のカーテンにも変更できるよう、一体化を避け、別々にしておいた方が良いのでは? という私の個人的な見解からです。
また、外から見た時に、後幕の裏側に昇降の為のコードや生地に縫い付けたリング付テープが露出され、美観を損ねるのではとの考えもあります。
今回も同様の説明をいたしましたが、一本のチェーンで両方の幕の昇降が可能な操作性と、よりレースの柄を浮き出させる意匠性を重視し、このようにダブルシェードとして納品させていただきました。

P1060280_convert_20130220003910.jpg

P1060284_convert_20130220003939.jpg

前幕を降ろし、後幕をたたみ上げた、通常昼間の状態では、後幕のたたみ代が前幕のレース生地を少しだけ手前に押し出す風になります。

現在では、普通に提案されるこのフロントレーススタイルですが、十分に深く考えた上で、最終的なカタチを決められるのが良いでしょう!!



同じ住宅から和室のカーテン。
P1060271_convert_20130220004005.jpg

和室にカーテンは似合うか否か・・・。実は私は和室にカーテンを付けることには否定派なのですが、今回の様にきれいに取付される場合はその限りではありません。

本格的な日本間ではなくても、長押の付く和室においては、カーテンレールは長押下の鴨居に取り付けるのが一般的です。
そのカーテンレールが和のイメージを壊すのと、だらしなくカーテンが吊らさるとその存在が邪魔になるからです。

しかし、お客様のご要望は多く、その場合生地選びや縫製加工には十分注意を図る必要があります。

P1060272_convert_20130220004029.jpg

今回は、しわ加工を施したナチュラルな生地を形状記憶加工することで、見事なまでに美しいプリーツを生み出したカーテンになりました。
カダログから抜け出たような仕上がりに満足、満足。





  1. 2013/02/19(火) 23:23:33|
  2. プレーンシェード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/217-92b128a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)