FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

寒さ対策にハニカムスクリーン『レフィーナ』を付ける

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


1月も月末を迎え、一段と冷え込む日が増えてますが、毎年秋口から冬にかけて寒さ対策のカーテンについてご相談を受けることが多くなります。

特に築年数の古い住宅ともなれば、窓サッシからの冷気の侵入も多く、カーテンを床に引きずる様に要望されたり、厚手のカーテンにお取替えいただいたりするケースも増えます。

ご紹介するのは、住宅ではなく医療機関のスタッフ用フロア廊下の寒さ対策です。
比較的新しい建物であり、当然断熱サッシは入っているのですが、それでも窓ガラスからの冷気の侵入は避けられません。

P1060124_convert_20130128233650.jpg P1060123_convert_20130128233608.jpg

厚手のカーテンですっぽりと窓枠から覆ってしまうのも効果はあるのですが、意匠的な面と廊下でもあるので通行の妨げとなってはいけないので、窓枠内に断熱性のあるスクリーンを提案することとしました。

高断熱・省エネスクリーンといえば、セイキの「ハニカム・サーモスクリーン」やハンターダグラスの「デュエット・シェード」を当社でも以前より取扱いをしておりますが、今回はちょうどお客様に提案する数日前に発売開始となったニチベイのハニカムスクリーン「レフィーナ」をお勧めいたしました。

メーカーカタログではこのような効果を表記しています。
レフィーナconvert_20130129000652

断熱効果としては、セイキの「ハニカム・スクリーン」断熱レール仕様の方が二重になったハニカム(蜂の巣)構造のため、高い数値が得られると思いますが、操作性については、ニチベイのスクリーンの方が優れていると私は判断した為、今回はこの「レフィーナ」をお勧めしたのです。
(操作性の優劣はあくまでも私の個人的な評価ですので、ご了承ください・・・)


施工後の写真はこちら・・・

P1060132_convert_20130129002232.jpg P1060131_convert_20130129002308.jpg

P1060130_convert_20130129002338.jpg

P1060125_convert_20130129002406.jpg P1060126_convert_20130129002429.jpg

P1060128_convert_20130129002454.jpg

オプションの断熱フレームを両サイドに付けましたので、隙間はほとんどなく高い断熱効果が望めそうです。
窓枠内でスッキリとおさまり、意匠的にも良い感じです。

P1060134_convert_20130129002524.jpg

操作チェーンを引くとゆっくりと降下するメカは操作性に優れ、プリーツスクリーン等で充分な実績のあるニチベイですのでその信頼性も高いです。

あえてメーカーに注文をつけるとすると、断熱フレームと本体ヘッドボックスとの取合いでしょうか・・。
断熱性を求めこのフレームを付けるのですから、極力隙間は少なくしたいものであり、今回は長めのフレームを用意し、現場で変形にカットし、隙間を最小限に抑えました。


実はこの納品は去年の11月初め(メーカーさん曰く、北海道では初受注)、本当はすぐにでもブログアップしたかったのですが、その効果を確信してからにしようと思い、今頃のアップとなりました・・・。

先日、オーナー様に効果をお聞きしたところ、「かなり以前と違うよ!」というお言葉を頂戴したので一安心・・・。

ニチベイさん、良かったですね!! 自信を持って売りましょう!!!

シースルー生地とのツインタイプは更に機能性・意匠性ともにアップするでしょう。


節電・省エネが求められる昨今、夏の遮熱に加え、冬の断熱も重要な要素となっています。我々もその効果をしっかりと勉強した上で、お客様に的確なアドバイスをしていかなければなりません。
今回ご紹介のスクリーンももちろんですが、カーテンに裏地を付けたり、中綿を入れたりと、他にもその状況に応じて色々な方法が考えられます。
機能的なご要望をお持ちの方は、是非、カーテンやブラインドの専門店にご相談されると良いでしょう!




P.S 本日カーテンの納品に伺ったお客様は、四国からここ苫小牧に昨日お引越しをされてきました。
外はマイナス十数℃、しかし、建物の中や、お引越しされたオール電化のマンションの暖かいのに驚いていらっしゃいました。真冬にこんなに薄着で室内にいるなんて・・・と。
そーなんです・・・北海道は住宅の気密が良いのと、暖房が充実しているので、室内では本当に薄着で生活されている場合が多いです。関東・関西の住宅の真冬の生活より、はるかに薄着です。(室内では半ズボンに半袖シャツ、なんて人もそんなに珍しくないのです。)
しかし、節電、省エネを考えると、これも改めなくてはいけないと感じる今日この頃です・・・余談でした。











  1. 2013/01/28(月) 23:12:41|
  2. ハニカムスクリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/212-68e917c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)