FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

コンビネーションスタイル

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


PCの調子があまり良くなく、最近は大変ストレスを感じていたのですが、やっと新しいデスクトップに買い替えました。動作もサク、サクッっと気持ち良いくらいに早いです・・・。もっと早く取り替えておけば良かった!!

これでブログの更新もさぞかし捗ることでしょう・・・?!

今日は、一日中セッティングやデータの移し替え作業に没頭していたのですが、夕方、お店の玄関から外を眺めると・・・

P1050948_convert_20121006013014.jpg

二重の虹がかかっていました。もう少しきれいな輪にならないかなぁと思いつつもデスクに戻り作業に集中している間に気が付けば全て消え去っていました・・・残念。


さて、本題の施工例の紹介です。

最近、柄のプリント生地と別の無地の生地を縫い合わせる「コンビネーションスタイル」(僕はこう呼んでいます)が人気です。

色々なパターンの施工例をお客様にお見せすると、説得力があるようです・・・。

一般的な普及しているリーズナブルな生地であっても、組み合わせる色によって個性が生まれ、オリジナリティ豊かな商品へと変わるのです。

P1050630_convert_20121002232705.jpg

今回は、ご主人がグリーン系がお好きということで、ポイントカラーにグリーンを配置。

P1050633_convert_20121002232833.jpg

プリント側の生地に使われている一色をポイントカラーに使うのが安全と思いがちですが、意外とまったく別の色を合わせるのもより特徴が生まれ素敵に仕上がる場合が多いかもしれません。


P1050639_convert_20121002232944.jpg


食堂は、ボルドー色のロールスクリーンと部屋側にレースのプレーンシェードの組み合わせ。オパール加工によって浮かび上がるレース地の柄は、居間の厚手カーテンのプリントと同柄です。

P1050637_convert_20121002232908.jpg


居間と隣の洋室との間は、普段はオープンな状態ですが、一応間仕切る事ができるように、ロールスクリーンを梁下から取り付けています。

P1050643_convert_20121002233037.jpg

梁下には、ロールスクリーンが収まる様にボックスを付けてもらいました。
お客様との打ち合わせが、まだ大工工事着手の間もない頃だったので、急遽現場大工さんにお願いしたものです・・・。
ロールスクリーンをすべて巻き上げた時には、すっぽりと中に収納され、全く目立たなくなります。

P1050641_convert_20121002233011.jpg

ちょっとした造作で、見栄えはかなり違うものです。
カーテンの打ち合わせは、ある程度早めに進めて行くことをおススメします。



  1. 2012/10/05(金) 23:59:59|
  2. カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/194-ae3c86dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)