FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

クッションが主役の北欧インテリア

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


もう9月半ば過ぎだと言うのにこの暑さはいったいどうしたのだろう・・・
全国的な残暑は、ここ北海道でも例外ではなく、例年ならばすっかり秋濃く肌寒い日になっているのですが、今年は未だ半袖シャツで仕事にあたっています。
自分の記憶では、こんな経験はありません。

農業や漁業への影響も心配ですね・・・やっぱり季節の美味しいものを食べたいので。


さて本題です。

「こんなイメージにしたい! とかお考えはお持ちですか?」とご新築のカーテン打合せの時には初めに伺うことがよくあるのですが、「北欧風」とお答えになるお客様が最近は特に多いような気がします。

そこで、ここから僕の仕事はスタートです。お客様の漠然としたイメージを具現化し、御予算との兼ね合いを考えながら、コーディネートを進めて行きます。『お店に来て良かった』、『当社に頼んで良かった』と思っていただく為、持てる知識と感性を精一杯発揮し、お客様の『夢』実現のお手伝いです・・・。

今回のお客様は、既にお気に入りのショップでソファを購入済みです。

インテリアにおいて、カーテンは主役となるか、脇役となるか、大きく二分されますが、今回は後者となり、お気に入りのソファを中心にイメージを膨らませて行きます。

P1050680_convert_20120919234747.jpg


P1050677_convert_20120919234653.jpg

ざっくりとした平織りの地のソファの上には、クッションをぎっしりと。
スウェーデン、アルメダール社の『キツネとぶどう』のクッションがポイントとなっています。
お客様も大変気に入ってくださったこの生地を、窓にシェードとして使用する案もありましたが、柄と色が強すぎる感が気になり、小物として見せることになりました。しかし、ソファの上でも十分に存在感を発揮しています。

P1050682_convert_20120919234820.jpg

2連の窓には、ナチュラルな風合いのリーフ柄でダブルシェードを取付。
お部屋の中では控えめな印象ですが、かえってソファの上のクッションを引き立ててくれます。


P1050674_convert_20120919234906.jpg

P1050676_convert_20120919234942.jpg

食堂には、リスとどんぐりが可愛らしいカジュアルな柄でプレーンシェード。


P1050664_convert_20120919235021.jpg

こちらは、主寝室。カジュアルな北欧柄の上部にオレンジ色の無地を胴接ぎし、個性を表現しています。
様々なリーフ柄と共に小鳥がプリントされている可愛らしい生地です。
P1050668_convert_20120919235103.jpg


P1050669_convert_20120919235139.jpg

奥様の書斎コーナーもスウェーデンのデザイナーによる北欧感たっぷりの果物柄のロールスクリーンを付けました。


キツネ、リス、小鳥と、各部屋に動物が何気なく存在し、当初のイメージである北欧風なインテリアを可愛らしく演出できました。



当社では、クッション、ベッドスプレット、ランチョンマットなどなど、色々な小物の加工もご提案させていただきますので、お問い合わせいただければ幸いです。


  1. 2012/09/19(水) 23:35:25|
  2. クッション 他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/192-c99e09df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)