FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

スワッグバランスとエンブロイダリーレース・・・ゴージャス!!

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


もう早9月突入! 今年もあと4ヶ月、本当に月日の経つのは早いものです・・・。
お盆前は激忙しで、お盆明けにゆっくり溜まっているブログネタを披露しようと思いつつ、いざ余裕ができるとサボってしまう・・・この繰り返しです・・・(反省)

さて、心入れ替えて行こう!!


久しぶりのアーチ型上飾り(スワッグバランス)の取付です。

P1050608_convert_20120906002034.jpg

P1050592_convert_20120906001816.jpg

壁のアールに沿って付いたカーテン用天板に上飾り、ベルベットドレープ、エンブロイダリーレースと取り付けています。
5連の窓に合わせてスワッグバランスを配置し、尚且つ、ドレープを開放した時には窓にかからないように両サイドにたまり代分を計算してレールを伸ばしている事から、カスケード(上飾りの両端)のサイズは大きめとなります。

P1050595_convert_20120906001859.jpg

スワッグ間のタイの裾にはキータッセルを吊り下げました。

綿100%のベルベット生地の為、直接素手で触りカーテンの開閉をすると、汚れや摩耗が気になるので、カーテンバトンを先頭ランナーに掛け操作していただくよう提案しました。

ポリエステルやアクリル素材のベルベットの方が、取扱いや縫製加工などは容易なのですが、やはりベルベット本来の重厚感や高級感を表現するには綿100%素材のものにはかないません。
ただ、取扱いには十分な注意が必要なのです。今回は日焼けにも留意し、裏地を縫いつけています。

お客様のイメージを何度も聞き取りし、この様なオリジナリティ溢れるドレープ、バランスの完成となったのです。


さて、ドレープとスワッグバランスもすばらしいのですが、レースカーテンにもひと工夫を加えています。


P1050600_convert_20120906001930.jpg

裾から二段にエンブロイダリーが入ったもともと高級感あるレースカーテンなのですが、床から付けると刺繍部分は全て窓下の壁の位置に配置され、窓ガラス部分は無地となります。
通常は、この様に腰位置からの窓の場合には、レースの裾を窓下端に合わせるのが一般的です。

しかし、今回はドレープが重厚なベルベットである事、また、このリビングはとても開放的なおおきな吹抜けとなっている事、などの理由からやはり床まで下げた方が全体のバランスが良いのです。

そこで、何とこのエンブロイダリーレースを2倍用意し、上下に胴接ぎをいたしました。

P1050601_convert_20120906002003.jpg

刺繍部分が裾から四段配置されるようになり、とてもゴージャスな仕上がりです。

当然、生地は2倍使用することから、価格も高価となりますが、ご承諾をいただいたお客様とこの私の無理な難題を引き受け形に変えてくださる縫製工場に感謝です!

結果、室内からは豪華な重厚感溢れるレース、そして外からは窓ガラス越しに2段の刺繍がちょうど良い位置に見え、完璧な仕上がりです。

お客様にも大変ご満足いただいたと思いますが、私にとっても大満足の出来です!!


そして、対面のダイニングの窓は、ストレートバランスでクラシカルに仕上ています。

P1050604_convert_20120906002105.jpg


お客様とは、当社ショールーム並びに建築現場で何度も打合せをし、一緒にこの形を作り上げていったと実感しています。

オーダーカーテン専門屋冥利に尽きる、楽しい打合せ並びに施工でした。
お客様の I 様には感謝です・・・。



当社は可能な限り、お客様の求めているイメージ、スタイルを実現して行きたいと考えています。そのための打合せの労は惜しまず、また、プランニングは妥協をせずに提供してゆきます。
オンリーワンのカーテン、一緒につくりあげましょう!!



  1. 2012/09/06(木) 01:52:07|
  2. バランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/191-319abd76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)