FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

レース・ドレープともにエンブロイダリー

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


玄関に入ると・・・
P1050190_convert_20120622011658.jpg

ウイリアム・モリスの壁紙「メドウ・スィート」が迎えてくれます。
これは、ウィリアム・モリスの弟子であるジョン・ヘンリー・ダールがモリスの死後、1904年にデザインした左右対称の図柄が特徴のお花柄です。

この先に素敵なお部屋が拡がる予感がするリビングのドア、そして周りのケーシング、壁紙との相性もバッチリですね。

P1050163_convert_20120622011736.jpg

レースカーテン、ドレープカーテン共にエレガントなエンブロイダリーの生地です。

P1050171_convert_20120622011805.jpg

P1050172_convert_20120622011835.jpg

写真では解りづらいのですが、この生地はシルク調のポリエステルシャンタン地にレーヨンの刺繍が施され、優雅な花柄を表現しております。

刺繍の部分が多く、普通にカーテンに縫製した場合、そのお花の刺繍がきれいなプリーツを表現する邪魔をします。つまり、刺繍の厚さ、硬さにプリーツが負けてしまう訳ですが、今回は形状記憶加工で強制的にプリーツを整え、とても美しいウェーブを表しています。

メーカーカタログ上では、このような加工は不可となっているのですが、実際に同じ生地で試験をして、問題のない事を確認してから、真空釜での形状記憶加工をかけました。

P1050170_convert_20120622011904.jpg

タッセルにも気を使い、よりエレガントを強調するビーズタッセルでアクセントを出しています。

P1050166_convert_20120622011932.jpg

ダイニングスペースは、アールのついた壁面に3連のテラス窓が並びます。

リビングの生地でストレートのギャザーバランス、色を合わせたロールスクリーン、そして窓枠の中にエンブロイダリーのレース。

P1050178_convert_20120622012115.jpg

こちらのレースも形状記憶加工で常にきれいなウェーブで下がります。

P1050176_convert_20120622223622.jpg P1050177_convert_20120622223700.jpg



外のウッドデッキへの出入りにレースカーテンが邪魔にならないように、右上の写真のようなカーテンストッパーをレールに組み込んでいます。

そうする事で、レースカーテンを空けた状態(左上の写真)でタッセルを掛けなくても出入の妨げになるものではありません。


リビングから2階へと繋がる階段の途中、おっと!ここにもモリスの壁紙が!!
 
     

       とても素敵なK様宅、 つづきは明日書きます・・・・


  1. 2012/06/21(木) 23:39:06|
  2. エンブロイダリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/179-bc036c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)