FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

リーフ柄のジャガード、形状記憶加工

苫小牧のカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


ほんとんど新築同様にリフォームされた住宅です。

P1050273_convert_20120620010603.jpg

P1050274_convert_20120620010649.jpg

リビング・ダイニングにご採用いただいたのは、リーフ柄が横向きで散りばめられたフジエテキスタイルのビリーフ(FA6200)、ポリエステルのジャガード織りの生地です。

これがなかなかの兵(?)ので、生地はしっかりしているのですが、横ハリが強すぎて形態安定加工ぐらいではきれいなプリーツが出ません。

しかし、昨年から当社の提携縫製所には、真空釜による形状記憶加工の装置が設置されたので、今回は胸を張って納品することができました!

P1050276_convert_20120620010716.jpg

もともと、プレーンシェードとしては仕上がりも良く人気の高い生地です。

写真には写っていないのですが、中天井のダークブラウンの色調とこのカーテンとが上手く調和しています。


和室にはプリーツスクリーンのツインタイプ。

P1050279_convert_20120620010744.jpg

今回はシースルー生地を下部に配置。
お客様の生活スタイルや、周りの住宅との位置関係などを考慮し、シースルー生地を上部に配置するか、下部に配置するか、毎回お客様とはじっくりと打合せさせていただいています。

P1050282_convert_20120620010822.jpg


主寝室は、イギリス製のジャガード織り生地でプレーンシェードに仕立て。

P1050285_convert_20120620010928.jpg

フジエテキスタイルのワールド・ファブリックスから、モメンタム(WF6115PN)を採用いただきましたが、同じ色糸使いの柄違いもあり、ベットスプレットやクッションといった小物とのコーディネートも簡単に楽しめる商品です。

P1050286_convert_20120620010858.jpg

レースカーテンは窓枠内側に両開きのレギュラー仕立てです。

レースもプレーンシェードや、ダブルシェードに仕立てることも選択肢の一つですが、ほとんど開閉をしないことや、窓を開けて風を取り込むことを考えると、普通のカーテンに仕立てて窓枠内に納めることもお薦めです。


P1050289_convert_20120620010958.jpg

キッチンの窓のロールスクリーンには、レーザーによるカットで花びらがグラデーションを表現しながら散りばめられています。

陽が差し込むと、カットされた柄を通り抜けた光が、床やキッチンにその柄を映し出すことでしょう。


P1050293_convert_20120620011024.jpg
Dysonの扇風機があったので、現物を始めて手にした私は、ちょっとだけスイッチを入れてみたくなったので、暑くもないのに風に当たってみました。
やっぱカッコイイ~!!

  1. 2012/06/19(火) 23:36:53|
  2. 形状記憶加工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/178-831ff326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)