FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

フラットカーテンに形状記憶加工

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


カーテンはグリーン系で、と決めてご来店いただいたご新築のお客様です。

P1050247_convert_20120609000048.jpg

大きなサークル柄の生地でフラットカーテンとプレーンシェードに仕立てました。

P1050241_convert_20120609000153.jpg

小窓はサークル柄のグリーンに合わせたロールスクリーン。

P1050249_convert_20120609000315.jpg

掃き出し窓は柄をいかす為にフラットカーテンにしました。
このようなはっきりとしたモチーフの大柄の生地の場合は、その柄の出し方が重要になります。
事前にお客様と十分に打合せをし、今回は上部より柄出しをして、裾で柄が途中で切れる様に作っています。

P1050248_convert_20120609000345.jpg

このフラットカーテンは真空釜による形状記憶加工を施している為、開けたときも閉めたときもきれいなウェーブが保たれています。

フラットカーテンの時も、形状記憶加工はオススメです。形態安定の加工と違い、丸みのある美しいプリーツが表現でき、また滑りの良いカーテンレールを使用すれば、カーテンを閉じた時に自然と均等に近いウェーブ間隔が生まれます。

今回は柔らかい比較的プリーツの出易い生地ですが、例えば、横はりの強いジャガード織りの生地であったり、プリーツの出にくい遮光の生地であっても、このような真空釜による形状記憶加工を施すときれいなフラットカーテンを作ることができるのです。


つづいて、子供部屋の一つをご紹介します。

P1050255_convert_20120609000450.jpg

3面はホワイトの壁、ポイントに一面だけ濃い目のピンクの壁クロスです。
おなじみの提案なのですが、ホワイトとピンクのブラインドを壁クロスと逆使いで取り付けました。

ブラインドの羽を開けると・・・
P1050254_convert_20120609000419.jpg
実はカーテン屋泣かせの丸窓が現れました。

最近はこのような直径120cm位の大きめの丸窓をよく見かけるのですが、なかなか「これだっ!」というカーテンの吊り方が思い浮かびません・・・。

円形のブラインドにすると、見た目はしっくりと納まるのですが、羽の昇降ができなく機能的にどうかなぁ?・・・と。

窓上にカーテンレールを付けて普通にカーテンを吊り下げるのも、どうも格好よくありません。

結局はロールスクリーンやブラインドを窓上から付けることがほとんどなのですが、同業者の方でこれがいいよ! というのがあれば是非教えていただきたいです。



玄関横のシューズクロークの入口はレースカーテンで目隠しをしています。

P1050294_convert_20120609000525.jpg

開口部全体を覆うと圧迫感が出る為、横の間仕切り壁の高さから床までで取り付けしました。

P1050297_convert_20120609000601.jpg

裾はロック仕上げとだけ縫製所に指示したのですが、気を利かして格子柄の部分の糸色と同じ色で裾が仕上がっています。
ちょっとした事ですが、商品価値が上がります。(縫製所に感謝!感謝!)


納品後、まだお客様にはお会いしていませんが、多分喜んでいただける仕上がりになっていると思います。

O様、ありがとうございました。


  1. 2012/06/08(金) 23:21:21|
  2. フラットカーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/177-2b75c3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)