FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

調光ロールスクリーン『デュオレ』を付けました

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


閑静な住宅街に建つ、とってもお洒落なコートハウスにタチカワブラインドの『デュオレ』を付けました。

P1050238-2_convert_20120521000511.jpg

設計事務所管理による、隅々まで素材と仕上がりにこだわりが感じられるとても素敵な住宅です。

実は、お引越し後数ヶ月が経過していたのですが、これまで「これだっ!」という決め手がなかなかなくて、何も付けずに過ごされていたようです・・・。

確かに、普通のカーテンでは雰囲気をぶち壊してしまいますし、ロールスクリーンやブラインドでも何か物足りないといった感じです。

コートハウス型になっていますので、プライバシーはある程度確保されていたのです。

大きな窓が4つ、玄関からリビングに通じるアプローチとリビングダイニングに付いています。

その時その時の生活シーンに合わせて採光の調節ができる『デュオレ』をご採用いただきました。

P1050233_convert_20120521000549.jpg
全閉状態です。しっかりとプライバシーを確保でき、生地にホワイトを選定したことで圧迫感もなくスッキリと仕上がっています。

P1050234_convert_20120521000624.jpg
布地をスライドさせ光を取り入れているところ。

P1050235_convert_20120521000653.jpg
全てを巻き上げることもできます。

1台で色々な状態変化をさせることができるのが特徴です。
これで昼も夜も安心して過ごす事ができ、また、何も付いていない状態と比較するとお部屋にリズム感が生まれ、素敵な住宅をよりお洒落に演出することが出来ているでしょう。


以前にもこのブログで紹介していますが、今回もひと工夫加えています。

P1050215_convert_20120521000726.jpg

納品の前夜、それぞれを分解してヘッドボックスのカバーの色を変えています。

P1050218_convert_20120521000758.jpg

再三メーカーにも要望を出しているのですが、何故かヘッドボックスのカバーは木目しかないのです。
しかも、ホワイトを指定すると、ベージュがかった微妙な色合いの木目で出来てきます。
どうしても、真っ白な塗り壁や珪藻土の場合などは違和感があります。

そこで、今回もダイノックシート貼りでホワイトに変えました。
P1050220_convert_20120521000830.jpg

多分、私と同じ考えの業者さんは沢山居ると思います。是非、メーカーさんに改善していただきたいものですね。

・・・と、メーカーに対する愚痴のようになりましたが、このようにひと手間掛ける事で、満足いく商品となり、お客様にも大変喜んでいただきました。


施工後、写真を撮らせていただいていたら、ちょうど猫ちゃんがこちらに向かってきたので、ハイチーズ!
P1050240_convert_20120521012349.jpg
あれっ! 横向いちゃった!!



  1. 2012/05/20(日) 23:00:17|
  2. ロールスクリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/175-fa09e9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)