FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

オパールプリントのフロントレーススタイル

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


カーテンやブラインド類をプランニングや施工するにあたり、窓近くの建具類やエアコンなどが干渉し、お客様のご要望通りには行かないケースがあります。

専門屋としては、その時々、状況に合わせてベストと思われる施工方法、あるいはウィンドゥトリートメントの種類をご提案させていただく訳ですが、今回はかなり悩んだあげく、これしかない!とご説明しご採用いただいたのです。

P1020018_convert_20120224001723.jpg

リビングの中心に位置する 3連のテラス窓
その真ん中の窓の前に、窓を全面覆うかたちで暖房パネルが設置されています!

これは、図面で確認し事前にその寸法や設置方法が分かっていたので、この状況を踏まえた上で提案をしなければなりません。

お客様の求めるイメージはスタイリッシュモダン、横型ブラインド、縦型ブラインドは除外。1階のリビングの為、やはりドレープとレースの二重吊りが必要条件です。

結果、ロールスクリーンとレースのプレーンシェードによる、フロントレーススタイルを提案させていただき、ご採用いただきました。

問題の真ん中の窓は、レースのプレーンシェードを壁から付けるスペースもない為、ここは断念。
枠内付けのロールスクリーンのみの取付です。
しかし、暖房パネルのルーバーがちょうどブラインド効果を発揮してくれるので、日中に外からの視線はあまり気になりません。

P1020019_convert_20120224001949.jpg

P1020015_convert_20120224002234.jpg

P1020020_convert_20120224002445.jpg

リビング、ダイニングの全ての窓を、オパール加工の透け感の強いレース生地でのプレーンシェードと、ボルドー色の無地ロールスクリーンの組み合わせで納めさせていただきました。

昼間はオパールレースを通してやさしい陽射しを入れる事が出来、夜はレースの柄を浮き出させながら、しっかり遮光し、そしてモダンイメージを強調しています。

初めにこの暖房パネルの設置を知った時、これはまいったな!? と思ったのですが、終わってみると、お客様にもご満足いただき、また、私も納得のいく施工ができて ホッ! としています。




  1. 2012/02/23(木) 23:02:59|
  2. プレーンシェード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/159-3b08f4e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)