FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

L型出窓のカーテン・・・吊り方で暖房効率アップ

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日ご紹介するのは、中古住宅を御購入されたお客様のリビングのカーテンです。

P1010893_convert_20120210221115.jpg


以前は大流行だったL型の大きな出窓がリビングに付いています。

当時はここ苫小牧では特にこのタイプの出窓が多かったように思います。

私がカーテンを取り付けただけでも、楽に数百件はあるでしょう。

この場合のカーテンの付け方にも何パターンか方法があります。

①上の写真のように、ドレープは部屋側、レースは出窓内ガラス寄りに取付

②ドレープ、レース共に出窓内に取付

③ドレープ、レース共に部屋側に取付

大きく分けるとこの3通りとなりますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

今回のお客様は、下写真の様に、出窓内にカーテンボックスがあり、出窓外側(室内側)の天井は下がり壁もなくフラットな状態。
普通は出窓内のカーテンボックスから、ドレープ、レースの両方を吊り下げる様に取り付けます。

P1010877_convert_20120210221209.jpg

しかし、お客様の希望で、冬場の暖房効率を考え、ドレープは出窓外に天井から床までで取り付けました。(最初の写真参照)

ドレープ用のレールは装飾性と機能性をあわせ持った「レガート」を天井付け。
P1010889_convert_20120210221245.jpg

P1010897_convert_20120210221432.jpg

この取付方法だと、夜にドレープを閉めた状態では多少圧迫感が感じられるかもしれませんが、窓からの冷気の侵入と部屋側からの暖気の流出はかなり防げるでしょう。


P1010887_convert_20120210221318.jpg
レースカーテンは裾に小花柄の入ったエンブロイダリー

P1010883_convert_20120210221406.jpg
レースのタッセルにビーズアクセサリーを使い窓辺をよりエレガントに演出


今回のような大きな出窓の場合などは、カーテンの吊る位置によっても随分お部屋のイメージは変わってきます。
十分に考え、ベストな方法を選ばれると良いですね。


  1. 2012/02/10(金) 23:06:50|
  2. 出窓
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/153-12e5cfd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)