FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

病院の間仕切り用吊りレールの取替え

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


病院の処置室の間仕切りカーテンとカーテンレールの施工をしました。

当初は既存の吊りレールを生かして、新たに間仕切りを追加してほしいとのご要望でしたが、全てを新規に取り替えさせていただきました。

と言うのも、築10年の病院でありながら、現在はC型のレールが天井から吊られており、決して滑りの良い使いやすい状態ではありません。

本来、このC型レールは吊り下げ用に開発されたものではなく、強度面でも問題があります。

また、小型でねじれにも弱いものですから、下の写真の様に沢山の吊り棒で支えており、見た目にもスッキリとしないにぎやかな天井際となっていました。

P1010497_convert_20110913011329.jpg P1010499_convert_20110913011415.jpg


カーテンレールを全てニューリブ(アルミ製)に取替え、間仕切り方が複雑になったにもかかわらず、吊り棒の数が少なくてもしっかりと保持されることから、天井際もスッキリとしています。

P1010592_convert_20110913011445.jpg

3本のレールが交わる箇所。患者さんのプライバシーを守る意味でも、隙間なく間仕切る事が大切です。

P1010593_convert_20110913011517.jpg

カーテンも新しい物に取替え、カーテンレールも滑りがよく快適です。

P1010597_convert_20110913011646.jpg

この様な間仕切りの吊りレールは、事前の下地の確認や、キッチリとしたミリ単位での寸法出しがきれいに施工する為には不可欠です。

ちょうど施工が終わる頃に院長先生が見えられ、カーテンを引いてみてその滑り具合の違いに驚いていらっしゃいました。

それにしても、10年前には既にこの様な天井吊り専用のカーテンレールが当たり前になっていたと思いますが、何故弱いC型レールを付けたのか、意味不明です!

用途に合った正しいカーテンレールを付けましょう!!


  1. 2011/09/12(月) 23:18:27|
  2. カーテンレール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/134-fc828ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)