FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

アイデアと技に感動・・・モリスのブックカバー

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


先日、間仕切りにウッドブラインドやウィリアムモリスの壁紙、ハーレクインの壁紙などを納入させていただいたオープン間近の美容室に追加でご注文をいただいたカーテンを納めに行ってきました。


P1010356_convert_20110710002634.jpg
レジカウンターの後ろのバックヤードをフラットカーテンで間仕切っています。

フジエテキスタイルの多色展開の無地「ヤム」の中から、店内の壁面に貼った壁紙の色合い、建具類の色合いとの調和を考え、暗めのパープル系のベースに朱色をアクセントにした2色使いのフラットカーテンを作りました。

P1010357_convert_20110710002722.jpg
あえて2色の生地の巾を変えて変化をつけています。
写真には写っていませんが、開閉し易い様に両端からカーテンバトンを下げています。

たかが間仕切りと考えがちですが、来店されるお客様からの目線を考えるととても目立つ重要な位置に下がっています。
色のチョイスや、2色の生地の巾継ぎに変化をつけることにより、リズム感が生まれ、後ろ側を隠す為のカーテンが店内インテリアの中でしっかりと役割を果たしている様に感じます・・・。


施工が終わって帰ろうとした瞬間、ふと目に飛び込んできたのが、鏡台に置かれた3冊のメニューブック。
P1010355_convert_20110710002753.jpg

P1010354_convert_20110710002854.jpg
何と、壁紙と同じ柄のメニューブックカバーが・・・すばらしい!!

P1010353_convert_20110710002822.jpg
アンティーク調の素敵な鏡台と120年も前にデザインされた『ウィリアムモリス』の「ブラックトーン」の柄のジャガードファブリックの共演が何とも言えない心地よさを与えてくれます。

数日前に当社より生地のみを販売させていただいておりましたが、この様に変化するとは・・・感動!!

この仕事をしていると、もちろん自分の担当分野であるカーテンの納品ではたくさんの感動をお客様と共に味わっておりますが、時々、他の業者さんの仕事や、このブックカバーのようにアイデアと繊細な技術を持たれた方々の技に深い感動を覚えるのです・・。これも、私がこの仕事の虜になっている一つの原因ですね!


P1010359_convert_20110710002923.jpg
アンティークなモザイクタイルに縁取られた鏡には、壁の柄が映り込み、ぅん~!何ともいいですね・・・。

モリスの好んだ英国の花、ブラックトーンやスミレの花がデザインされたこの『ブラックトーン』はモリスブランドの中でも長年世界中で愛され続けている人気商品です。

壁紙の他、本場英国製のコットン地のプリントファブリック、また今回ブックカバーとなった日本製のジャガード織りの生地、どれも当社で取り扱っておりますので、是非、ウィリアムモリスの世界を覗いてみてはいかがですか?


  1. 2011/07/09(土) 23:19:05|
  2. フラットカーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/117-15fbb761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)