FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

オーダーならではのこだわり・・・

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


大掛かりなリフォームをされた E 様邸、ほとんど新築の様に生まれ変わりました。

外観、内部間仕切り、設備、内装と全て新しくなり、見どころはいっぱいなのですが、このブログはカーテン屋の施工日記なので、カーテンの写真のみです・・・。


P1010179_convert_20110617231324.jpg
リビングは、改築前のカーテンボックスをそのまま利用。

ここで、こだわりが2点ほど。

一つは、このブログでも何度か紹介しておりますレール交叉です。
下の写真のように中央でレールが交叉し、カーテンを閉めた時には左右のカーテンが重なり、中央で隙間が開くようなことはありません。
カーテンボックスがあり、その広さも十分にある時には絶対にお薦めです。
できれば、当店のように一本物の別注交叉レールを使用するのが良いでしょう。
(通常は直線レールと曲がった交叉レールを金具でジョイントします。)

P1010178_convert_20110617231407.jpg

P1010180_convert_20110617231435.jpg


こだわりのもう一点は、最初の写真に戻っていただき、よーく見ると、カーテンの柄がプリーツ3コずつで繰り返します。(写真が小さくて解りずらいでしょうが・・)

いわゆる柄取り縫製ですが、今回のような地模様の柄であっても、やはり柄取りを意識した方がきれいです。

ちょっとした事ではあるのですが、同じ生地を使っても縫製の仕方で実際に吊り下がった時の見え方は随分と違ってくるものですよ!



P1010168_convert_20110617231504.jpg
こちらは、子供室のプレーンシェード。
リバーシブルで使うことのできるカラフルなチェック柄。
両サイドの8センチ位を裏から折り返しアクセントをつけています。
実は、メーカーのカタログに掲載の施工写真のパクリです!


P1010172_convert_20110617231539.jpg
洋室はストライプの小花模様の生地でカーテンとプレーンシェード


P1010174_convert_20110617231608.jpg
こちらの子供室は、ブルー地にピンクのモール糸でドット柄を表現した可愛らしい生地です。


こちらの E 様邸、全室内装もきれいにリフォームされ、そしてカーテンも全て新しくご購入いただきました。

増改築をされる場合、カーテンは再利用なんてことも多々あると思いますが、できれば新しく作り替えましょう!

きれいになった周りとつり合いをとる為にも、そして、カーテン屋さんの繁盛の為にも・・・(スミマセン・・・)
  1. 2011/06/17(金) 23:00:34|
  2. カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/112-8aff6f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)