FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

ボイルの良し悪し

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日、9年前のご新築時にカーテンを納品させていただいたお客様のお宅にリビングのレースの取替えに伺ってきました。

今までと全く同じ物で作りたいとのことで、五洋インテックスのプレーンボイルでお仕立ていたしました。

お客様いわく、『同じ様な生地はよく友達の家にも付いているのだけど、絶対に我が家の方がきれいなんだよね』と。

そうなんです・・・ボイルは本当に色々です。
カーテンのブックメーカーのカタログには必ずプレーンボイルが載っておりますが、中には新品なのにヨレヨレした感じの生地や、やたら硬い風合いの物などがあります。

五洋インテックスのボイル生地は昔から質が良いのです。
これは、生地の糸番手が細く、また糸の捻転数が多いために生地自体の反発力もつよくなり、柔らかく、且つシャリッとした良い風合いが出るのです。
それなりにコストがかかっている商品だと思いますが、リーズナブルな価格で設定されていますので、ボイル生地をお求めの際にはオススメです。

こちらのお客様宅には、大型犬が飼われており、このワンちゃんがレースカーテンを破いてしまい、今回お取替の御発注をいただいたのです。

新しいカーテンを掛けると、お客様と一緒に『ん~、やっぱりきれいだね!』と。
9年が経過すると、色もやっぱり黄ばんでいました。真っ白のボイルでお部屋が明るくなった様な気がします。



さて、当社のOB顧客のご紹介で御来店され、リビング・ダイニング、主寝室のカーテンをお取替いただきました Y 様宅をご紹介します。

P1010157_convert_20110529101328.jpg
【BEFORE】ナチュラルな雰囲気の生成りの無地ドレープとボイルレース。カーテンレールは伸縮タイプの装飾ポール。

P1010158_convert_20110529101529.jpg
【AFTER】ドレープはクラシカルなイメージの重厚なジャガード生地。レースはエンブロイダリー。
カーテンレールはレガートダブル付けに変更。

P1010159_convert_20110529101603.jpg
高級感ある格調高いインテリアに大変身。
カーテンレールも滑りが良く、毎日の開け閉めもストレスがありません。

外から窓を見てもレースの小花の刺繍が可愛らしさと高級感を醸し出しています。

カーテンを取り替えるだけで、ずいぶんと雰囲気が変わります。

是非、カーテンのお取替えでお部屋のイメージチェンジをはかってみてはいかがですか?


  1. 2011/05/28(土) 23:53:58|
  2. カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arako1979.blog106.fc2.com/tb.php/106-f07d6503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)