FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

階段吹抜けにプリーツスクリーン。ラクラク操作のワンチェーン式。

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


吹抜けの階段にプリーツスクリーンを付けました。

P1050671_convert_20120929003159.jpg

今回はシースルー生地と不透明生地とが上下に配置されたツインタイプを採用。
上の写真は階段に面した4つの窓全てに同じタイプを取付しています。

シースルー生地を下げている状態です ↑


P1050672_convert_20120929003311.jpg

途中まで不透明生地を降ろした状態 ↑


P1050673_convert_20120929003440.jpg

全て不透明生地を降ろした状態 ↑


この様に階段が吹抜けになり、上下に大きな窓が付くケースは、最近の新築住宅では非常に多いパターンの一つです。

吹抜け上部の窓は何もいらない場合もありますが、付近の状況によっては、何かしらのスクリーン類が必要となります。

ロールスクリーンを付ける事が最も多いのですが、こちらの住宅の場合、すぐ隣の住宅の窓がちょうど向い合わせになっており、昼間の事を考えると、採光しながらプライバシーを守ることができるシースルー生地も必要と考え、ツインスタイルのプリーツスクリーンをおすすめしました。

一本のチェーンでシースルーと不透明生地の切換え(調光)や全体の昇降ができる、ワンチェーンタイプがベストです。


ロールスクリーンを付けた例はこちら。

P1010106_convert_20120929003602.jpg


いずれにしても、階段途中からボールチェーンなどを操作して開閉しなければなりません。

コンセントがあれば、電動リモコン式にすることもできます。


高所作業が苦手な自分は、いつもこの様な場合、嫌な汗をかきながら吹抜けの施工をしています。




スポンサーサイト



  1. 2012/09/28(金) 23:37:02|
  2. プリーツスクリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ