FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

ウィリアム・モリス 『マリー・イザベル』

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


リビングのカーテンをお取替えいただきました N 様邸をご紹介します。

以前は木製ポールにポリエステル素材の花柄カーテンを掛けられておりましたが、今回、リネン100%の生地でプレーンシェードにしたいという具体的なプランをお持ちで当社をご用命いただきました。

何点かご提案をさせていただきましたが、私の一押しは、奥様を見たイメージから『これ!』と決めていたのです・・・

P1010623_convert_20110924225252.jpg

ウィリアム・モリスの中から、『マリー・イザベル』。
麻100%の地に渦を巻くアカンサスの葉とお花がプリントされています。
もともと、刺繍で表現された柄を、プリントで再現した商品です。

奥様もこの素材感、柄をとても気に入っていただき、プレーンシェードに仕立てることとなりました。

P1010628_convert_20110924225333.jpg

レースも縦に花柄が刺繍で表現されたボイルでプレーンシェード。

P1010641_convert_20110924225401.jpg


P1010725_convert_20110924225431.jpg

大小2脚ある籐椅子のシートクッションも同柄でつくりました。

P1010727_convert_20110924225501.jpg

もともと座クッションのない籐椅子の為、今回新たにウレタンから製作。
型紙を取らせていただき、出来上がるまで少し心配でしたが、厚みも形も違う2枚がピッタリ納まりました。

P1010731_convert_20110924225529.jpg

発表以来、大人気の『いちご泥棒』(ウィリアム・モリス)も大変気に入っていただき、クッションに加工しましたが、お部屋の中でも十分に存在感を出しています。

お部屋全体が明るく、そして上品な優雅さと優しさが漂うリビングとなりました。


こちらの奥様は、大変インテリアにご興味があり、インテリアデザインの洋書なども購読されており、とても目の肥えたお客様です。
私も色々と教えていただいたりと、とても楽しくプランから納品まで進める事ができました。
ありがとうございました。





スポンサーサイト



  1. 2011/09/24(土) 23:42:16|
  2. ウィリアム・モリス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ