FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

レースカーテンは片開きがオススメ

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

苫小牧市 N 様邸の現場写真です。

20100831013123.jpg
(ドレープ U3004  レース KSA5388   タッセル AR3046-85 )
ナチュラル感あるドレープに牛革で編んだタッセル、そして、花柄の刺繍を施したレースで可愛らしいインテリアを表現しています。

20100831013414.jpg 20100831013453.jpg
小窓はプレーンシェードとカフェカーテンの組み合わせ

20100831013535.jpg
カフェカーテンは残布を利用しています。
このてのエンブロイダリーは生地巾が2.7mや2.9mであり、普通の窓に製作した場合残布がでます。
捨ててしまうのはもったいないので、カフェカーテンにして小窓にサービスすることが多いです。
裾は色を吟味してバイヤステープ巻きに仕立てるとグッと良くなります。

当社では提携加工所で縫製するので、このように残布利用ができますが、一般的にメーカー縫製に頼っているカーテン屋さんや家具店では断られると思いますよ!

高級な生地は残さず使うのが私のモットーであり、またお客様に対するささやかなサービスなのです・・。


で、今日書きたかったのは、レースは片開きにしようという提案です。

20100831013707.jpg
この写真はレースは片開きで一枚ものです。
カーテンは両開きという固定概念をもっておられるユーザーや業者は多いかもしれませんが、私は以前より片開きをおすすめしています。(特に、今回のように柄のあるレースは絶対です!)

最近のレースカーテンは、生地巾が2m~3mの横使いで縫製する商品が主流です。
すなわち、カーテンの巾がどんなに大きくても一枚物で製作が可能です。
上の写真の窓の場合、両開きにすると窓の中央部で合わさることになりますが、そこで柄も切れますし、なんせ合わさり目がせっかくのきれいなレースを台無しにしてしまうのです。

20100831013754.jpg
片開きの場合は、レールの両サイドにマグネットランナーを入れ、どちらの端からも開閉が出来るように施工をしています。

窓を開けて風を入れる場合も端にカーテンのたまりがない方が邪魔にならないです。

20100831013845.jpg

20100831013934.jpg
2階の主寝室のバルコニーに通じる窓です。
やはり、片開きで両方の端にマグネットを入れていますので、出入りにも邪魔になりません。

全ての場合に片開きが良い訳ではありませんが、一般的には、吊り下がっているときの美しさや、窓開放の時を考えるとおすすめです。

是非、カーテンは両開きという固定概念にとらわれず、状況、使用生地によっては片開きにしましょう!
二十数年カーテンを売ってきた私の結論です!!


スポンサーサイト



  1. 2010/08/30(月) 23:26:27|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ