FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

飲食店の椅子張替

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

ゴールデンウィークで多くの人たちが仕事を休んでいる中、私のわがままを聞き入れ、休日返上で作業にあたって下さった職人さんたちがいました・・・。

飲食店の椅子一式の張替えをご用命いただき、この連休中に納めました。

P1120450_convert_20160508233328.jpg

ボックスソファ 9台、スツール 5本、カウンターチェア 11本 他に肘枕の製作とちょっとボリュームあるお仕事です。


P1120151_convert_20160508233631.jpg
かなり使い込まれて、張地も一部やぶれ、中のウレタンもくたびれた状態です。

                   

P1120451_convert_20160508233407.jpg


P1120152_convert_20160508233700.jpg

                   

P1120452_convert_20160508233428.jpg


張地はおまかせします!・・・ そうオーナー様からご依頼をいただきました。
やりがいはあるのですが、責任も重大です!!

店内の雰囲気、客層を考えた上、シックで品のあるストライプ調の張地を選択。
ウレタンの補強、取り替えも仕上がりを良くする為には、必要不可欠です。

P1120457_convert_20160508233448.jpg

カウンターチェアに至っては、骨組みからの補修や、金属部の溶接までも必要となりました。


想像以上の出来に自分も満足しておりましたが、オーナー様にも大変喜んでいただきました。


店舗の張替えは、いつもドキドキです・・・。
ご商売に影響を及ぼすのではないかと・・・繁盛に結び付くことを祈りつつ打合せを進めています。

こちらのお店はいつも常連様たちで混み合っておりますが、新しい椅子で今まで以上に心地よく楽しいひと時を過ごしていただけると幸いです。


そして、お休み返上で張替え作業にあたっていただいた職人さんたちには、とにかく感謝、感謝。
妥協せずに、仕上がりを追及する職人魂には頭が下がります・・・。


お店のオーナー O様、そして職人さん、この度はありがとうございました。


スポンサーサイト



  1. 2016/05/08(日) 23:18:52|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大切な椅子を再生

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

当社は、オーダーカーテンやブラインドの販売施工が主ではありますが、このブログを通じての反響か、椅子の張替え依頼をいただくことがしばしばあります。

今日は、椅子の張替えのお話。

メールでお問い合わせいただいた後、お見積りに伺いました。
張地のPVレザーはかなり劣化がすすみ、数か所裂けている状態。

P1080472_convert_20150519004536.jpg


新婚間もないご夫婦の清楚でシンプルなお部屋に、ドーンと置かれていた一脚のソファ。

『この椅子は、僕が学生時代にインテリアショップで一目惚れし、アルバイトで貯めたお金でやっとの思いで買った思い出の椅子なんです・・・』と訴えかけるように私におっしゃったご主人。

その表情から、この一脚への愛着と、何とか再生してほしい、という強い思いを汲み取る事が出来ました。

提示された限られたご予算・・・そして、他の北欧風の家具類とのバランス・・・

私にとっては、価格も含めかなりの難題です。しかし、無性に何とかしたい、最高に満足いただける一品に仕上げたいという思いに駆られました。

完成品はこちら。

P1080543_convert_20150519004604.jpg

P1080544_convert_20150519004624.jpg


ベージュ系のザックリとした平織の張地。4本脚はスチール製から、木製にお取替え。

自信を持って納品に伺いました。
心待ちにしていたご夫婦は、揃って『わー、すごい!』と大喜び。

木脚に変えたこと、ウレタンを補強したことなど一通りご説明が終わると、
奥さまがとても優しい笑顔で『よかったね!』と。
『うん!』と椅子を手で撫でながら満面の笑みでうなづいたご主人。

その短い会話と表情から、お二人のこれまでのやり取りを察することが出来ました。

この一脚の椅子は、ご主人にとっては大切な思い出の椅子、奥様にとってはもともと好みのインテリアとはかけ離れた椅子であったはずです。

この翌々日には、ここ北海道から関東地方の新しい住まいにお引越しをされました。

きっと、再生された椅子と共に、末永くお幸せに過ごされることでしょう。


お客様と直接やり取りをするうちに、時折商売を忘れ、喜ばれる顔が見たいだけで、全く利益のないお仕事となる事もあります。
しかし、それには、お金には変えられない特別な感動と満足感がついてきます。

今回は正にその一例でした。しっかりと商売が成り立っていないことでのお客様への申し訳なさから、写真の公開は1年半ほど経過した本日となりました。



実は、私が、ご主人に共感し、何とかしたいという強い思いに駆られたのには、自分の過去と重なったからなのです。

貧乏な19歳の大学生の時に、当時ファッションに興味があった自分は、暇さえあればファッションテナントビルに足を運んでいました。

お気に入りのショップに向かう途中、エスカレーター越しに見えるインテリアショップの1本のスタイリッシュなカフェテーブルに目が留まり、それ以降数か月、いや一年以上でしょうか、何度もそのテーブルの前に立ち、価格とニラメッコ!

お金を貯めて買ってやろう!と決めてから、まだ売れないでくれ、そんな想いでいつも眺めていました。

ある日決断!!よし買って帰ろうと決め、アルバイトで貯めた、私にとっては大金をはたいて購入したのです。

しかし、住まいはオンボロアパート。今思えば笑っちゃうくらいに似つかぬテーブルなのですが・・・。

でも、多分その時に得た満足感は、何にも代えがたいものであり、その後10年間程、本当に大切に使ってきました。

もしかしたら、今こうしてインテリアの仕事をしていますが、私のインテリアへのこだわりや想いは、ここが原点だったのかぁ、なんて考えさせられます。

人との出会いは、自分の進む道を大きく左右します。
物との出会いも、その物に対する自分の抱く感情で進む道を左右するのではないでしょうか?
そして、今自分がかかわる、装飾業、カーテン、ブラインドに至っても同じでしょう。
お客様にとっては、生活の重要な一部であり、充実した日々を送るためには、その役割は大きいのです。
より親身な打合せ、ご提案を今後も続けて参りたいとあらためて感じる次第です。


それでは、椅子張替えの他の事例も紹介します。

P1080721_convert_20150519010221.jpg

薬局の待合室のソファ。
ウレタン補強、張地取り替えをいたしました。

P1090150_convert_20150519010245.jpg



P1090345_convert_20150519010311.jpg

キッズコーナーのマット。汚れとウレタン型崩れの為、張地取り替えとウレタン補強をいたしました。

P1090655_convert_20150519010342.jpg

動物柄の可愛い張地を採用いただきました。

P1090656_convert_20150519010413.jpg



次に飲食店(スナック)のボックスソファとカウンターチェアの張替。

P1080261_convert_20150519005954.jpg

P1080264_convert_20150519010014.jpg

かなり傷んでいたソファです。一部スプリングも欠落した状態でした。
ウレタン補強、スプリング修理、見事に新品同様に早変わり。

P1080267_convert_20150519010038.jpg

P1080270_convert_20150519010059.jpg

椅子の張替えをまとめてご紹介いたしました。ありがとうございました。

  1. 2015/05/18(月) 23:50:42|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歯科医院の椅子張替

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日は椅子張りのご紹介。
歯科医院の待合ソファと診察台の張替えのご注文をいただきました。
どちらもビニルレザーの張地を採用いたしました。


まずは、待合室ベンチソファ

before
P1060792_convert_20130709003420.jpg

P1060795_convert_20130709003458.jpg

張地に一部穴があき、また中のウレタンもかなりヘタった状態です。

after
P1060984_convert_20130709003532.jpg

P1060985_convert_20130709003601.jpg

張地は明るいオレンジ、地模様がある為、汚れも目立ちにくいでしょう。
中身のウレタンも全体に補強し、新品同様の出来上がりです。


次に、診察台の座・背・頭部分の張替です。

before
P1050922_convert_20130709003711.jpg

P1050809_convert_20130709003634.jpg

張地が裂け、中のウレタンも割れが発生している箇所や、途中で一度張替たであろう背と座で色が違う箇所など、3台の診察台の張替です。

after
P1050934_convert_20130709003742.jpg

P1050936_convert_20130709003816.jpg

きいろの張地でこちらも新品同様の出来上がりです。もちろんウレタンの補修も欠かしていません。


休院日に2回に分け張替の作業を行いました。



  1. 2013/07/08(月) 23:23:44|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待合室ソファの張替と床シートの張替

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日は歯科医院のカーペットの張替、待合ソファの張替、床の塩ビシートの張替と発展して行ったケースをご紹介します。

書き始めにカーテン・ブラインドの専門店とあり、もちろん当社は窓装飾に特化した業務内容ではあるのですが、関連してカーペットや椅子の張替といったお仕事をいただくことも多々あります。

こちらの医院も、以前にこのブログでもご紹介しておりますが、待合室・診察室の窓のロールスクリーンを全てお取替えいただいております。

一つきれいになると他の部分が気になるもので、キッズコーナーのカーペットの張替、ソファの張替、そして床の塩ビシートの張替と拡がって行きました。


P1050340_convert_20121020002412.jpg

P1050341_convert_20121020002618.jpg
表面のレザーは、擦り切れた部分があったり、全体に汚れが付き傷みも目立つ状態です。

                  

新しく付けたロールスクリーンの色に合わせ、グリーンのソファに。
P1050468_convert_20121020002652.jpg

P1050470_convert_20121020002722.jpg

P1050473_convert_20121020002758.jpg
ソファの張替と同時にカーペットの張替もご用命くださいました。


こうなると、今度は床の傷みが気になります。

P1050929_convert_20121020002841.jpg
中央の繫ぎ目が開き、盛り上がってきている状態です。

                 

P1050932_convert_20121020002918.jpg
グレーの石目調の塩ビシートに張替え、明るく清潔感ある床になりました。

P1050933_convert_20121020002946.jpg

初めはロールスクリーンのお取替えのご発注でしたが、結局、壁紙以外全て新品のインテリアとなりました。

そして、すっかりイメージチェンジされた待合室を見て、オーナー様にも大変喜んでいただきました。

ありがとうございます。






  1. 2012/10/19(金) 23:30:19|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィリアム・モリス『いちご泥棒』の椅子

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


ウィリアム・モリスの生地『いちご泥棒』で食堂椅子を張替えました。

P1050497_convert_20120806235522.jpg


長年使い込まれた食堂椅子。
座面のウレタンがヘタってるのと、フレームのキズが気になりますが、座り心地や大きさがお気に入りであり、布地の張替えと修理で蘇らせることとなりました。

P1050442_convert_20120806235620.jpg

P1050446_convert_20120806235658.jpg


出来上がったのが・・・

P1050499_convert_20120806235740.jpg

フレームはキズを埋めての塗装。張地は柄の出かたに注意してブルーとレッドの2タイプを採用。

P1050502_convert_20120806235815.jpg

背の裏面もきっちりと柄を生かしております。


とても素敵なダイニングチェアに生まれ変わりお客様にも大満足いただきました。


納品前にちょっとお借りして、当社のモリスコーナーの前で記念撮影!!

P1050506_convert_20120806235853.jpg

ん~、バッチリです! やっぱり、『いちご泥棒』はすばらしい!!

感動的な仕上がりでした・・・・。


  1. 2012/08/06(月) 23:39:20|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソファベンチの張替えで明る~い談話コーナーに!

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


昨年、今年と椅子やソファの張替えのご注文をいただくケースが増えています。

今日ご紹介するのは、病院の談話コーナーに置かれたソファベンチの張替えと、ロールスクリーンのお取替えです。

P1020325_convert_20120228232356.jpg


P1020161_convert_20120228232615.jpg
ブルーのビニールレザーで張られたベンチは、長年の日焼けで表面がボロボロになっている箇所があったり、タバコの火による焦げ穴が数ヶ所あったりと、かなり傷んでいました。
                
P1020326_convert_20120228232440.jpg
明るく温かみのある色のビニールレザーで張替え。

ソファがキレイになると、今度は窓が気になります。

P1020165_convert_20120228232646.jpg
布のルーバーの縦型ブラインドが付いていますが、ルーバーの吊り元や裾が数ヶ所傷んでいます。当社で十数年前に納めた商品であり、もちろん修理も可能ではあったのですが、日々の使用状況をお聞きすると、ほとんど調光の必要はなく、開閉操作のみの利用のようです。
                
P1020328_convert_20120228232511.jpg
開けるか、閉めるかのどちらかの状態で調光の必要性がないのであれば、ロールスクリーンの方がキレイです。

P1020330_convert_20120228232547.jpg
3連のすべり出し窓で1台で付ける事も可能でしたが、窓を開放して風を取り入れることも想定し、一応2台割で施工しました。


談話コーナーはガラっと雰囲気が変わりました。
ちょっと寂しい寒色系の組み合わせから、ローズ系とグリーンのとても明るく、そして温かい雰囲気に一変。

私が椅子を納品した時、また、ロールスクリーンを取付した時も、ご入院されている皆さんが集まってこられ、口を揃えて「いや~、良くなった!」「明るくなったねぇ~」「新しいのは気持ちいいわ~」などといいながら、さっそくソファに腰を降ろしておられました。

 僕:あっ、すみません・・・写真を一枚撮りたいんですが、いいですか~?

 患者さん:いいよ、いいよ。ほれ皆、一回席立ちな! モデルはいらんかい!?

 僕:とっ、とり合えず結構です!

こんな感じで、お決まりの会話を楽しみましたが、ご年配のおじ様たちのパワーに圧倒され動揺したのか、写真はほとんど手ブレしています・・・







  1. 2012/02/28(火) 23:04:57|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

病院の待合ソファの張替え

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日は、椅子の張替えのご紹介です。

歯科医院の待合室に置かれたベンチ
P1010508_convert_20120222014456.jpg
                
P1020078_convert_20120222014641.jpg

明るい茶色のビニールレザーから、ウール混の見た目はざっくりとしていながら、とても柔らかい手触りのツイード調の布地に張替えました。

P1010509_convert_20120222014601.jpg
                
P1020079_convert_20120222014722.jpg

P1020204_convert_20120222014810.jpg
ソファベンチの上には、孔雀と龍がジャガード織りによって描かれたウール地のクッション。
「ウィリアム・モリス」によって1878年にデザインされた『Peacock&Dragon』から、2配色をクッションに製作しました。
ベンチの張地との相性もバッチリで、高級感が更に際立ちます。

(張替前のベンチの上には、同じく「モリス」の『いちご泥棒』のクッションが無雑作に置かれいます・・・。とてもお洒落でモリスデザインをこよなく愛する歯科院長なのです。)


待合室のソファベンチにつづき、診察室の診療台の座と背も張替えのご注文をいただきました。

P1020006_convert_20120222014920.jpg
                
P1020070_convert_20120222014956.jpg
同じ診療機械とは思えないくらい、カッコ良くなりました。
全体にウレタンを厚めに足し、クッション性を以前より高めております。


そして、院長室もリニューアル

P1020014_convert_20120222015111.jpg
                
P1020076_convert_20120222015204.jpg
事務所っぽい雰囲気から、診察の合い間にふぅっと一息つける、癒しのインテリア空間になりました。
窓には、シワ加工のシアーカーテンをたっぷりのヒダで床まで下げ、贅沢な落ち着きある空間つくりに一役かっております。


次ぎは、待合室のフローリング床を、ふかふかのカーペットに改装する計画があります。
楽しみですね・・・!



  1. 2012/02/21(火) 23:52:56|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシカルなカウチとチェアの大変身!!

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日はカーテン・ブラインドの施工例ではなく、椅子張りのご紹介です。

長年愛用された輸入品のカウチソファと一人掛けチェア2脚の張替えです。

P1010784_convert_20111018001002.jpg

           

P1010838_convert_20111018001111.jpg



P1010787_convert_20111018001040.jpg

           

P1010843_convert_20111018001137.jpg

真っ赤なベルベット調の張り地から、クラシカルなストライプ柄のジャガード生地への感動の衣替えです!

ウレタンのヘタリのひどい箇所には補強を入れ、またスプリングが外れている箇所などは修理を加えました。

決してお安い金額でできる張替えではありませんが、このようにお気に入りの大切なソファを張替えや修理をしながら長く愛用するっていいですよね・・・。


当店では、椅子張り専用の生地はもちろんのことカーテン生地でも張替えをお受けしております。
御見積は無料で受け賜っておりますので、お気軽に問い合わせください。
椅子の写真などをメールいただければ概算の御見積は即対応いたします。

椅子によっては、その強度等に問題がある場合、張替えをお断りするケースもありますのでご了承ください。


  1. 2011/10/17(月) 23:57:18|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソファの張替え

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


10月に入り朝晩はすっかり冷え込むようになりましたが、日中は暑かったり、寒かったりと日によって気温差が大きいので体調を崩さないように気を付けねばなりません・・・。


さて、今日はソファの張替え例の紹介です。

リビングのドレープカーテンのお取替えをご用命いただきお伺いいたしましたが、話が発展しソファの張り替えも合わせてご注文いただきました。


P1010681_convert_20111008231119.jpg
20年余の使用で座のクッションは原型からかなり崩れております。

                

P1010751_convert_20111008231235.jpg
フレームはそのまま利用し、座クッションのみ中のウレタンから新規に製作しました。
これまではかなり柔らかい沈み込む座面でしたが、腰への負担を考えかなり硬めに作りました。


P1010683_convert_20111008231207.jpg

                

P1010748_convert_20111008231304.jpg

座面はしっかりと硬めのウレタンで立ち座りがし易く、また長時間座っていても腰への負担は少ないです。
背は、フェザー入りのクッションがしっかりと身体を包み込んでくれます。

張り地の色違いの生地と新調いただいたドレープカーテンと同柄のクッションを大小ランダムに配置し、お部屋にリズム感が生まれています。


当社では、ソファ、チェアの張替えをお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。
椅子張り用の生地はもちろんですが、カーテン生地で張ることもできます。
お気に入りのオリジナルソファやチェアをつくってみませんか?
御見積は無料で承ります!



  1. 2011/10/09(日) 14:42:17|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャパネスクモダン

苫小牧のカーテン専門ショップ「荒幸」です。

昨日の現場

飲食店の椅子の張替えです。

20100620234302.jpg

ソファーはシンコール T-9525、スツールはサンゲツUP6219 で張ってます。

他にカウンター椅子はかなり傷んでいたので、スツールと同じ張り地で別注した新品を購入いただきました。

下の写真は以前の状態です。

20100620234434.jpg 20100620234809.jpg


写真ではわかりずらいですが、張り地は擦り切れ中のフレーム木材が露出しており、また、ウレタンもヘタリがひどくそのまま使える状態ではありません。
ウレタンは取替え、または、部分的には補強してあります。

壁・天井のクロス、床の塩ビフロア、そして椅子の張替えで、お店の雰囲気もがらっと変わりました。

ソファーのイメージからしても“ジャパネスクモダン”といったところでしょうか・・。

お店の益々のご繁盛を祈念申し上げます・・・。


20100620234625.jpg _20100620234718.jpg

今回は飲食店の椅子張替え現場ですが、住宅の椅子張替えの例は

                  blog-entry-7.htm をご参照ください。

  1. 2010/06/20(日) 23:19:56|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椅子の張替のご注文をいただきました

こんばんは。インテリア荒幸です。

今日は飲食店の椅子の張替のご注文をいただきました。
これから手配をするので、納品時にでも写真をアップします。

過去の張替の中から一部の写真を紹介します。
上の小さい写真が張替前、下の大きい写真が張替後です。

DSCF3655_.jpg
マルニの一人掛け椅子(張地 サンゲツUP6312)
DSCF3664_.jpg


20100531232215.jpg
コスガの3Pソファ(張地 サンゲツUP6487)
20100531232337.jpg
一人掛けソファ(張地 サンゲツUP6469)
20100531233058.jpg


_20100531233541.jpg
カリモクの1Pソファ(張地 サンゲツUP6483)
20100531233645.jpg


20100531234147.jpg
コスガの2Pソファ(張地 サンゲツUP6331)
_20100531234246.jpg

20100531234430.jpg
フクラのソファ
20100531234515.jpg

過去の張替例を何点か紹介いたしました。
どれも、長年使用されていた物であり、お預かりした時にはウレタンやスプリングもかなりヘタッテました。
職人さんの手によってスプリングを補強、ウレタンを足したり、取り替えたりと、見えない部分もしっかり補修しています。

ただ、椅子の張替は決して安価なものではありません。
量販店で売ってる安いソファーを買うより費用はかかってしまうかも知れません。
しかし、良い物、あるいは愛着のある物は、補修を加え生地を張り替えることによってすばらしく生まれ変わります。
安価なものをどんどん使い捨てし、ゴミを増やすより、良い物を長く使う方がエコですよね。

張替をお考えの方は是非ご相談ください。
椅子によってはお断りするケースもありますのでご了承ください。
  1. 2010/05/31(月) 23:21:14|
  2. 椅子張り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0