FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

整骨院の間仕切りカーテン・・・・コンビネーションスタイル

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


昨日まで3日間、ショールームをゴールデンウィーク休業とさせていただきました。
本日より通常の営業となっております。

私は2日間だけのお休みでしたが、しっかりと休養をとることができました。

連休前はかなりの過密スケジュールで、心身共にクタクタでしたが、一番最後にこちらの整骨院のカーテンを納めさせていただき晴れ晴れとした気分で休みに入る事ができたのです!

さて、その整骨院様の間仕切りカーテンをご紹介します。
納得の仕上がりです・・・!!

P1120443_convert_20160506170950.jpg

施術コーナー3箇所の入口にコンビネーションスタイルのカーテンを付けました。

P1120442_convert_20160506171021.jpg

こちらの院のテーマカラーがオレンジであることと、開閉時に常に手が触れるところの汚れを考慮して、カーテンの両サイドにはオレンジのサイドジョイント。

美しいR型のカーテンボックスから吊り下がるカーテンもやはり美しさが大切!!
真空釜による形状記憶加工で半永久的にこの美しいプリーツを維持することができます。

P1120445_convert_20160506171044.jpg


P1120446_convert_20160506171109.jpg

患者様をホッとさせる丸みのあるフォルムと爽やかでありながらの温かい配色で、とても素敵に仕上がった施術室です。

数日後開院のご予定です。
身体も心も気持ち良くなりそうな、そんな整骨院様のお手伝いをさせていただき、私も心地よくお休みに突入したのでした・・・。

O様、この度はありがとうございました。





スポンサーサイト



  1. 2016/05/06(金) 17:36:36|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sanderson HOME 『Papavera』

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


昨年より新しく当店の扱いブランドに仲間入りした、英国サンダーソン社の『Papavera』

P1120322_convert_20160411004119.jpg

P1120323_convert_20160411004143.jpg

カタログには、北欧調のカラフルなコットンプリントと刺繍がキュートな生地、そして、コーディネートが楽しくなる壁紙がたくさん収められています。

ご新築の I 様には、2階廊下の突き当たりの窓にプレーンシェードに仕立て採用いただきました。

P1120115_convert_20160411003938.jpg

P1120114_convert_20160411003811.jpg

薄いブルーグレイの草花柄の上に鳥たちが刺繍で描かれています。

P1120117_convert_20160411004051.jpg


この『Papavera』には、まだまだ素敵なファブリックがたくさんあります。

これから他の柄もご紹介できるでしょう・・・

  1. 2016/04/10(日) 23:28:07|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タッセルとレースの裾に色を付けてアクセント

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

先日の現場・・・ピアノ室のカーテンはエレガントに仕上げ、タッセルでアクセント、子供室はアルパカのカーテンで可愛く仕上げ、レースの裾の色でアクセントをとりました。


ピアノ室・・・・高級感ある品の良いジャガード織の厚地には、タッセルでアクセント。エンブロイダリーのレースでエレガントに仕上げました。

P1120101_convert_20160409234235.jpg


P1120104_convert_20160409234306.jpg

カーテンレールは真鍮色のアイアンレール

P1120105_convert_20160409234328.jpg


子供室・・・可愛いプリントの厚地とレースの裾はカラーウーリー糸で巻き上げたウエイトテープ仕様。

P1120110_convert_20160409234352.jpg


P1120111_convert_20160409234414.jpg

小窓はプレーンシェードとカフェカーテンの組み合わせ。
オパール加工のカフェカーテンは形状記憶加工を付加し、きれいなウェーブを強制的につくり出しています。

P1120112_convert_20160409234437.jpg


P1120113_convert_20160409234454.jpg


可愛らしい子供室になりました。

  1. 2016/04/09(土) 23:28:56|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柄位置を合わせる

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


一昨日の現場。

リビング、つづきの和洋室と同じ柄のカーテンが付きます。

P1120274_convert_20160408222004.jpg

太めのボーダー柄は、カーテンとプレーンシェードの柄位置を合わせて製作。

P1120276_convert_20160408222101.jpg

床からの高さ、そして柄の出方を揃えることで、ボーダー柄がより活きてきます。

現場採寸、縫製指示、現場施工の3拍子が揃って初めてできる技(特別な事ではないですが・・・)です。
また、オーダー製品ならではのこだわりですね・・・!

P1120275_convert_20160408222039.jpg


この様に横柄がハッキリしている柄をご注文の場合は、カーテン屋さんに高さを揃えるよう注文を付けると良いでしょう!!

  1. 2016/04/07(木) 22:14:05|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレンジをアクセントに!!

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

オレンジをお部屋のアクセントカラーに!

P1100085_convert_20160405233312.jpg

P1100089_convert_20160405233409.jpg

正面のカーテンはトップジョイント、手前のシェードはボトムジョイントでオレンジを強調、横長小窓は同色のロールスクリーン。

P1100081_convert_20160405233349.jpg

北欧調の大胆なリーフ柄にビビットなオレンジが効いていますね!

K様邸をご紹介しました・・・・ありがとうございました。

  1. 2016/04/05(火) 23:30:14|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刺繍の重厚なカーテン

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

重厚なカーテンを付けました。

リビングはウィリアム・モリス「ハニーサクル&チューリップ」
川島織物セルコンの織技術によって繊細にその柄が表現された高級感溢れるジャガード織の生地です。

P1100663_convert_20160406000813.jpg

P1100665_convert_20160406000843.jpg

合わせたレースは、これまた高級感溢れる刺繍レース。
高密度の刺繍が施されています。

P1100668_convert_20160406000911.jpg

P1100666_convert_20160406000933.jpg


寝室は何とも優雅な刺繍。
当社ショールームの展示品で現在は一番高価なドレープ生地かな?

P1100672_convert_20160406001020.jpg

P1100669_convert_20160406000957.jpg

P1100676_convert_20160406001044.jpg

裏地をあてて、この高価な生地を守ると共に、美しくボリューム感あるウエーブをつくり出しています。

良いものは良い、高価なものはそれなりにやはり高級感がある、と実感する U様邸のカーテンでした。
大阪から遥々カーテン選びにご来店いただき、誠にありがとうございました。

こちらのU様邸、壁に額等を飾ることが事前に分かっておりましたので、ピクチャーレールを現場にお届けし、大工さんに無理を言って埋め込み施工をしていただきました。

P1100682_convert_20160406001109.jpg

数か所、同じようにピクチャーレールを埋め込んでおります。

最近は住宅においてもピクチャーレールのご要望が非常に多くなってきました。
ご新築中の方にはおススメです!!




  1. 2016/04/04(月) 23:02:15|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルエットシェード越しに外見るネコ

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


今日もお相手した3組のお客様にこのブログをご覧いただいていたことを伝えられ、奮起!!

施工例のご紹介です。


キャットウォーク、タワーに囲まれた小窓にハンターダグラス社の「シルエットシェード」を付けました。


P1100232_convert_20160402224634.jpg

P1100229_convert_20160402224706.jpg

いつ見ても美しく繊細な仕上がりです!

P1100231_convert_20160402224726.jpg


和室は雪見障子の手前にプリーツスクリーン。

P1100233_convert_20160402224747.jpg

墨色の和紙調生地が畳の色とも合って、落ち着きある和室を演出しますね。

P1100234_convert_20160402224809.jpg


ネコちゃんの爪がシルエットシェードに引っかからないかと、ちょっと心配です・・・。
ネコちゃん気を付けてね・・・w

K様邸をご紹介しました。ありがとうございました。


  1. 2016/04/02(土) 23:09:44|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

穴のないウッドブラインド

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。

な、な、な、なんと3ヶ月振りです・・・

言い訳はしないで施工例をご紹介しますね。

メカ物が多い今日この頃・・・こちらのお宅もほとんどがブラインドやシェード類です。


リビングはウッドブラインド

P1100755_convert_20160402004202.jpg

昇降させる為の紐が通る穴があるのが通常のブラインドですが、こちらはその穴がないタイプ。
ニチベイのクレールグランツです。

P1100759_convert_20160402004240.jpg

当然ながら、穴からの光漏れはなく、また羽間の遮蔽率も高いです。
見た目もスッキリ!

P1100765_convert_20160402004302.jpg

両サイドが出入りのできる窓の為、ブラインドは3台割りにしました。

P1100763_convert_20160402004326.jpg



和洋室はプリーツスクリーンのツインタイプ。
和紙風の不織布が和のイメージを醸し出します。

P1100768_convert_20160402004354.jpg



洋室はダブルシェード。
アルメダール社の「スパイスポッド」、人気の北欧柄です。
レースは麻の風合いを持ったポリエステルのボイル。

P1100774_convert_20160402004443.jpg


こちらの洋室も北欧柄。
ハーレクインの「ゴーゴーレトロ」、意外と40代、50代のお父さんたちに人気の商品です。

P1100777_convert_20160402004421.jpg


主寝室は、フィンレイソンの「パルヴィ」、遮光2級の商品です。

P1100781_convert_20160402004508.jpg

こちらに唯一カーテンが付いています。

P1100785_convert_20160402004533.jpg

ポリエステルの熱塑性を活かして形状記憶加工を施し、プリーツの美しいカーテンとなっています。
プリーツ位置を柄に合わせることで、スッキリと安定感のある仕上がりです。


どのお部屋も素敵に仕上がっています。
K様邸をご紹介いたしました・・・K様、ありがとうございました。

  1. 2016/04/01(金) 23:59:17|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爽やかなリーフ柄のカーテン

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


私たちが通常一般的に扱っているカーテン生地は、いわゆるブックメーカー(立派なカタログを商品紹介のメインツールとしているメーカー)の物が多いのですが、これが2~3年でカタログの改定を行うのが近年の状況です。

人気のある商品は当然継続となり、長いものは10年以上も続きます。しかし、人気がなかったり、商品として問題が発生したり、或いはメーカーとして採算の取れない生地などは、姿を消して行きます。

中には、当店では非常に人気が高いのになぜ廃番になるの? と、とても残念な裏切られた様な気持ちになる事もあるのです・・・。

ご紹介する、S 様のリビングにお選びいただいた爽やかなリーフ柄のカーテンもまさにそう感じている一品です。

P1110219_convert_20151204231549.jpg

コットン地に北欧風なリーフ柄がプリントされたカーテン。
残念ながら既にメーカーでは廃柄となりました・・・。
壁、天井としっくい塗り、そして無垢材のフロアーのこちらのお宅には、ピッタリの素材感です。

P1110220_convert_20151204231703.jpg


ダイニングはウッドブラインド。

P1110211_convert_20151204231722.jpg

ユーズド感ある素材が、しっくい、無垢材との相性もバッチリです!
3連窓の中央部のみ色を変え、単調になりがちな3連小窓にリズム感を与えました。


洋室のカーテンもポップにオシャレに仕上がっています。

P1110217_convert_20151204231744.jpg

P1110216_convert_20151204231806.jpg

チェア、テーブルを柄のモチーフに、シャンタン生地に可愛らしくプリントされた商品です。

S様、ありがとうございました。
  1. 2015/12/04(金) 23:38:19|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3色使いのドレープカーテン

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


美味しそうなカーテン・・・?
そう思えるのは僕だけでしょうか・・・・・?

P1110238_convert_20151121223715.jpg

3色使いのカーテン。
数ある色の中から、お客様と色のチョイスと分量を吟味して決めました。
ストロベリー、バニラ、チョコレートと連想してしまいます!
決めた時はそんな発想ではなかったのですが・・・

P1110231_convert_20151121223744.jpg


3色カーテンの奥には、スパンボイルに丸型のお花柄をプリントしたレースカーテン。

P1110235_convert_20151121223804.jpg

そして、リビング続きの洋室は、レースと同柄の厚地でプレーンシェードに仕上げました。

P1110237_convert_20151121223828.jpg


可愛らしい、そして他にはないオリジナルのカーテンを仕立て上げました。
これぞオーダーって感じですね・・・!

H 様、ありがとうございました。


  1. 2015/11/21(土) 22:53:38|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャビーなインテリア

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


P1100848_convert_20151118235641.jpg

ポップなブロックチェックのカーテンとウッドブラインドの組み合わせ。
どちらもユーズド感ある雰囲気がうまくマッチしています。

P1100849_convert_20151118235713.jpg

カーテンレールもヴィンテージ感を醸し出しています。

P1100851_convert_20151118235737.jpg


P1100854_convert_20151118235758.jpg

室内建具の表情に合わせた、ウィンドウトリートメントを提案させていただきました。
今流行のシャビーなイメージをポップに表現したインテリアの出来上がりです。


T様、ありがとうございました。

  1. 2015/11/18(水) 23:53:03|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラットバランスで間接照明ボックスを製作しました

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


広~いリビングの N様邸、カーテンはシンプルな柄が主ですが、タッセルにそれぞれアクセントを付けています。
シルエットシェードがあり、また、カーテンバランスを用いての間接照明ボックスがありと、プランニング、施工と内容深いものがありました。

P1100513_convert_20151116233450.jpg

P1100508_convert_20151116233418.jpg

広々としたリビング、ダイニング。

P1100512_convert_20151116233516.jpg

ブラウンの地模様ドレープに合わせて、シックながらもゴージャスなタッセルを添えました。


P1100509_convert_20151116233541.jpg

L字型の大型キッチンには、4つの窓があります。
壁のダークな色調とは対称的に、キッチンに合わせたホワイトのウッドブラインドで明るく清潔的なウィンドウトリートメントといたしました。

P1100510_convert_20151116233607.jpg



P1100517_convert_20151116233635.jpg

階段吹抜けには、シルエットシェードを採用いただきました。
4枚のガラスからやさしく差し込む陽射しが、階段を明るく、柔らかく演出します。

P1100519_convert_20151116233703.jpg

P1100516_convert_20151116233728.jpg

こちらはおトイレ。階段と同様に、2か所あるおトイレもシルエットシェードを採用。
小さな窓においても高級感と繊細さが際立つのがシルエットシェードの魅力です。

P1100515_convert_20151116233819.jpg



P1100522_convert_20151116233851.jpg

主寝室はモダンイメージのドレープ。遮光性を高める為に裏地を付けています。

P1100520_convert_20151116233921.jpg

タッセルもシンプルにロープ状の物を採用。


P1100505_convert_20151116233947.jpg

ベッドヘッド上部の壁にLEDの露出照明が付いています。
これを間接照明として活かすのが、私に与えられた使命!!


P1100575_convert_20151116234014.jpg

どうでしょう・・・!! 見事な仕上がり!
カーテンと同生地でフラットバランスをつくり、上下への光の分散を考えながら設置位置を決めました。


P1100573_convert_20151116234042.jpg

光りの反射を高める為に、裏には真っ白な生地を裏張りしています。
課題を与えられ、あれこれと迷ったのですが、結果大成功に仕上げることが出来ました。



P1100529_convert_20151116234112.jpg

こちらは、ウィリアムモリスのフルーツ。イギリス製の綿100%の生地です。
発色と柄の繊細さは格別です。

P1100531_convert_20151116234147.jpg

タッセルは牛革の編み込みタイプ。



P1100536_convert_20151116234217.jpg

AVルームは主寝室同様、遮光裏地をつけたシンプルモダンな暗幕カーテン。
間接照明からの光がカーテンをより引き立ててくれます。



P1100539_convert_20151116234242.jpg

洋室はサーモンピンクの少しエレガントなイメージのドレープ。
アクリル玉をあしらったタッセルとの相性もバッチリです!


一部屋一部屋コンセプトを決め、商品選びをお手伝いさせていただきました。
どのお部屋もとても素敵に仕上がっています。
N様、この度はたいへんありがとうございました。


  1. 2015/11/16(月) 23:33:51|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出入りする窓には、やはりカーテンが良いのでは・・・

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


厚地の生地と薄地のシアーの両方を1台のメカで操作するプレーンシェードのダブルタイプ。
最近は非常にその需要が多いですが、出入り口にはいかがなものか・・・?

P1100341_convert_20151101220815.jpg

リビング、ダイニングに大きな窓が並ぶ M様邸。
リビングは表しの柱を隠さぬよう、ダブルシェードを窓枠内に内付け。

P1100343_convert_20151101220920.jpg

ダイニングのテラス窓は、両開きのカーテンをおススメしました。
ダブルシェードで統一するのもスッキリとカッコ良く納まるのですが、デッキへとつながるこのテラス窓は、当然物を持ったままでの出入りも想定されます。
その度にチェーンを操作し幕体を巻き上げるよりも、片手でも容易に開け閉めが出来るカーテンの方が使い勝手は良いのです。

最近は、こちらと同じような窓が付く場合、同様の提案をすることを心がけております。

P1100347_convert_20151101220855.jpg


カーテン及びシェードのストライプの色に合わせて、3色のクッションも作製しました。

P1100353_convert_20151101220944.jpg


ベージュ系の地模様程度の柄をご希望されていた M様ですが、数点のご提案生地の中から、ナチュラルなイメージの中にストライプで色を加えたこの商品を採用いただきました。
控え目ながらもオレンジ、グリーン、ブラウンの糸がお部屋に彩を加えています。

ありがとうございました。



  1. 2015/11/01(日) 22:39:10|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンビネーションスタイル

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


柄物と無地を巾接ぎしたり、上下に胴接ぎするカーテン、自分はコンビネーションスタイルと呼んでいますが、最近はほとんどのブックメーカーのカタログ写真でも紹介がされるようになりました。

各メーカーはオプション的な扱いをされておりますので、価格はちょっと高め。
当社は基本的に別料金はいただいておりませんので、これはこれはお得な訳です・・・!

P1100311_convert_20151027233558.jpg

P1100316_convert_20151027233643.jpg

掃出し窓、腰窓それぞれカーテンは裾に無地を胴接ぎしたボトムジョイント。
TV上の横長窓は、プレーンシェードのサイドジョイント。


P1100319_convert_20151027233702.jpg

リビングから続きの洋室は、色違いの同柄でプレーンシェード。


P1100324_convert_20151027233740.jpg

窓枠内に付けたレースカーテンは、裾のウエイトロックをグリーンのウーリー糸で仕上げました。
ちょっとだけアクセントになり素敵です。

P1100322_convert_20151027233722.jpg


P1100328_convert_20151027233833.jpg

カーテンレールは、ルブラン22エルムダーク&ブラック。
アイアンのブラケットが特徴の装飾性、走行性の両方を兼ね備えた人気商品です。


ここで、当社のこだわりを2点ほどご紹介します・・・

ポリエステル100%の生地における胴接ぎカーテンは、必ず形状記憶加工を付加しております。
厚さやハリの違う生地を縫い合わせますので、ウエーブの出かたに違いが生じるのを防ぎ、また寸法安定性を高める為です。
写真のように常にきれいな美しいウエーブが保たれます。

P1100334_convert_20151027233856.jpg


ドレープカーテンのタッセルは全て弓型で仕上げています。
何度かこのブログでも紹介しておりますが、ちょうど10年前から全てこの仕様に切り替えました。
たまぁにお客様に気付いていただきますが、カーテンを美しく束ねるためのこだわりです・・・。
(某ファブリックメーカーのパクリですけど・・・)

P1100327_convert_20151027233808.jpg


北欧風のドレープに濃いブラウンでアクセントをとり、レースの裾にも色を加え、オーダーならではのオリジナリティ豊かな仕上がりを楽しんでいただきました、 K様邸をご紹介いたしました。

ありがとうございました。

  1. 2015/10/27(火) 23:00:31|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロントレースの似合う柄

苫小牧のオーダーカーテン専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


レースカーテンを部屋側に吊る、フロントレーススタイル。
今回もとてもきれいに仕上がりました。

P1100967_convert_20151013214132.jpg

手前のオパールプリントによって柄が浮かび上がったレースはプレーンシェードに仕立て、柄をより強調させています。
奥側には、ロールスクリーンを設置いたしました。

P1100968_convert_20151013214226.jpg

P1100969_convert_20151013214246.jpg

P1100962_convert_20151013214514.jpg

外から見てもリーフ柄がガラス越しにくっきりと見えます。



ダイニングとキッチンには、ウッドブラインドを取付。
真っ白な木製スラットが清潔感を醸し出します。
また、ブラックのワイドラダーテープがアクセントとなっています。

P1100970_convert_20151013214308.jpg



子供室には羽幅50㎜のアルミ製ブラインド。
こちらも、真っ白なスラットに水色のラダーテープがアクセントとなり、可愛らしいお部屋を演出。

P1100975_convert_20151013214402.jpg

同じお部屋の小窓には、うさぎのシルエットがプリントされたポリカーボネート製のブラインド。

P1100973_convert_20151013214329.jpg



主寝室の2連の窓は、シンプルにレース、厚地共にロールスクリーン。

P1100977_convert_20151013214425.jpg

お客様のイメージ通り、シンプルに仕上がりました。

P1100978_convert_20151013214451.jpg



和室の地窓。オレンジの和調生地を採用いただきました。
吊押入れの下、ガラス寄りに取付しておりますので、操作に若干の難があります。
操作チェーンを通常より長くし、少しでも操作性の向上に努めました。

P1100981_convert_20151013214534.jpg

お部屋側から見ても、白い建具の中にオレンジが浮かび上がり、シンプルな和洋の空間に彩を加え、また、外から見た時も、真っ白な外壁の中に、この色がアクセントとなって、来客を温かく迎えてくれます。


家の中のイメージはもちろんですが、外部からお家を見た時の印象も大切に考え、ウィンドゥトリートメントを作り上げました。

N様、この度は誠にありがとうございました。

  1. 2015/10/15(木) 22:00:06|
  2. 施工例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ