FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

サンルームに遮熱タイプの傾斜ロールスクリーンをつける

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

今週は観光客で賑わう美瑛町までの往復420キロの出張から始まり、昨日はニセコ町への出張。
この4月に納車となった我が愛車(貨物車ですけど・・・)の走行距離も3か月足らずで早や一万キロ。
ちょっと走りすぎですよね・・・

現地実測に行った美瑛町の現場からの景色。黒~い雲が押し寄せてきて今にも雨が降り出しそう・・・直後にポツポツ・・・ザァー!ときました。
P1090992_convert_20140720013303.jpg
それにしても、周りには何もありません・・・
P1090997_convert_20140720013346.jpg

帰り道に見たラベンダー畑・・・ちょうど今が見頃です。
P1100005_convert_20140720013420.jpg


昨日は吹抜けの傾斜窓にタテ型ブランドを施工の為、ニセコ町へ。
こちらは絶好の青空・・・標高1,898mの羊蹄山が優雅にそびえ立ちます。
IMG00070_convert_20140720014026.jpg

家の中には、床高 6mの仮設足場が頼りなくそびえ立ちます。
IMG00073_convert_20140720014108.jpg
最近はよくこの足場の出番が多いのです。


さて、以前(14年程前)に取付させていただいた傾斜天窓のロールスクリーンのお取替えと、サンルームの傾斜天井に同じくロールスクリーンの新設のご注文をいただきました。

ここも足場の出番です!

P1090791_convert_20140720233306.jpg

居間の吹上げ天井の傾斜窓についたロールスクリーン。長年の使用で、結露(?)が原因か大きなシミが付いています。
今回お取替えしたのは、遮熱効果のあるシスルー生地。

P1090794_convert_20140720233340.jpg

ここで私のこだわりがあります。(・・・・って言うか、お客様からのご要望だったのですが・・・)
傾斜窓用ロールスクリーンの下部フレーム(赤点線で囲まれた部分)を、こげ茶の窓枠に合わせて木目の塩ビシート(ダイノックフィルム)で貼り付け加工をしています。

通常のロールスクリーンは、フレーム色を各メーカーとも数色用意されており、発注時に指定をできるのですが、この傾斜用に関しては、ホワイトしかありません。

こちらの窓の様に、こげ茶の塗装枠の中に、真っ白なスチール製の下部フレームを取り付けると、妙に目立ち、とても違和感があると思います。

ひと手間、二手間、いやいやかなりの手間のかかる作業ではあるのですが、仕上がりには自分自身も満足です!!

・暦シ搾シ抵シ托シ胆convert_20140720234302

そして、居間からつづく広いサンルームの天井には、暑さ対策にご主人がご自分で設置されたすだれが固定されています。

P1090533_convert_20140720233403.jpg

このすだれを外して、遮熱生地のロールスクリーンを設置。

P1090899_convert_20140720233428.jpg

P1090900_convert_20140720233459.jpg

適度な陽射しの透過性がありながら、日光に含まれる赤外線の部分だけをしっかりと遮断します。
大きな効果を発揮する遮熱ロールスクリーンです。

・暦シ搾シ托シ兩convert_20140720234223

こちらも、下部フレーム(赤点線部分)を濃い木目色のダイノックフィルムで加工しました。

取付を行った日は、晴天で強い陽が射していましたが、このロールスクリーンを取付け、生地を降ろすとスゥーッと涼しくなる感じを実感しました。
お客様もこの効果には大満足です!


この時期になると依頼が多くなるのが、サンルームの暑さ対策に関する相談です。
現在では、今回の遮熱ロールスクリーンや遮熱ブラインド、あるいは遮熱レースカーテンなど、メーカー各社から優れた商品が発売されていますので、知識と技術のあるカーテン・ブラインドの専門店にご相談されると良いでしょう。



こちらのお客様 N 様は、同時期に家具を新調されており、合わせてクッションなどの小物のご注文も賜りました。

P1090890_convert_20140721002933.jpg

センターテーブル下には、毛足の長いシャギーカーペット。
テーブルセンターは、ウィリアム・モリス『ヴァイン』

P1090892_convert_20140721003025.jpg

クッションは、ウィリアム・モリスから『ブレアラビット』とコットン地の起毛無地で色のアクセントを付けました。

P1090893_convert_20140721003046.jpg

ダイニングテーブルには、これまたウィリアム・モリスから『ミカエルマスディジー』

P1090895_convert_20140721003004.jpg

実は写真に収めることができませんでしたが、もう2タイプ洗い替え用にお作りいたしました。

モリスの魅力が存分に広がるリビング・ダイニングです。

当社では、カーテンやシェード類はもちろんのこと、クッションやベッドスプレット等の小物類もオーダーにてお作りしておりますので、是非ご相談ください。
お部屋の中にちょっとした彩を加えると、とても素敵な空間ができあがりますよ!





スポンサーサイト



  1. 2014/07/19(土) 23:11:57|
  2. 遮熱カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遮熱レースカーテン・・・驚きの効果

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


本格的な夏がやってきました。
今年も昨年に引き続き省エネが暮らしのテーマとされていますが、その流れか我々の業界もカーテン・ブラインド・ロールスクリーンなど遮熱効果の機能を付加した商品をメーカー側も積極的にPRしています。

しかし、ここ北海道においては、もともと短い夏、エアコンの使用も一時的であり、遮熱の必要性について、私はそれほど深くは考えておりません・・・。住宅の場合は、遮熱の効果よりもカーテンの美しさを重視したいからです。


遮熱カーテンに否定的な私ですが、今回は違います・・・!

生徒数が増えて、已む無く2階建てのプレハブ校舎を使用している中学校。

長い廊下の窓は西に面しており、強烈な陽射しが差し込みます。

昨年一年間は暑さに耐えながら過ごしたようですが、今年は市の予算も付きカーテンを新設することとなりました。

P1050324-B_convert_20120722141342.jpg

片側が窓の30mもの長さの廊下が1、2階にあります。

P1050325_convert_20120722141459.jpg

開閉の利便性を考え、カーテンは分割して取り付けしています。

廊下を暗くせずに陽射しを遮る事、外は見えなくても良いという事なので、遮熱性能の高いレースカーテンを提案いたしました。

今回使用したのは、スミノエの数ある遮熱レースの中でも最も効果が高いとされているE‐7461。
カタログ表記では、紫外線カット率98%と謳われています。

どうせカタログは大げさなのだろうなぁ・・と思っていた私であったのですが、その効果にビックリ!!

P1050326_convert_20120722141529.jpg

脚立に立ってカーテンレールを取付している時は顔面を流れ落ちる汗をタオルで拭いながら作業をするほど暑かったのですが、レースカーテンを吊り下げると、みるみると室温が下がり涼しくなったのです!!

その効果に衝撃を受けました。温度計を持ってきて実証すれば良かったと思ったほどです・・・。
遮熱カーテンに否定的だった私も考えを改めるきっかけとなった瞬間です。

P1050327_convert_20120722141554.jpg

生地がかなり厚めの為、レース越しに外を見る事はほとんどできません。しかし、室内が暗くなる事もなく、求めていた成果が得られたものと思います。

これで今年の夏は、きっと生徒達も勉強に集中できますね・・・。


冬場は逆にカーテンを閉めると暖かい陽射しを遮ることになるので注意です!
唯でさえ断熱性の劣るプレハブ校舎なので、冬はカーテンを開けっ放しにし、陽射しをいっぱい取り入れる必要があります。


住宅の窓に使用する際は、その透け具合や裏面の光沢感など、美観にも注視して選ぶ必要がありますね。
また、冬場の貴重な陽射しも遮熱してしまうことも忘れてはいけません。

当面、私は住宅にはやはり提案しないような気がします・・・。
しかし、サンルームなど限られた空間にはオススメです!


とにかく、この商品の遮熱性能にただただ驚いた現場でした。











  1. 2012/07/22(日) 23:13:43|
  2. 遮熱カーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0