FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

レース・ドレープともにエンブロイダリー

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


玄関に入ると・・・
P1050190_convert_20120622011658.jpg

ウイリアム・モリスの壁紙「メドウ・スィート」が迎えてくれます。
これは、ウィリアム・モリスの弟子であるジョン・ヘンリー・ダールがモリスの死後、1904年にデザインした左右対称の図柄が特徴のお花柄です。

この先に素敵なお部屋が拡がる予感がするリビングのドア、そして周りのケーシング、壁紙との相性もバッチリですね。

P1050163_convert_20120622011736.jpg

レースカーテン、ドレープカーテン共にエレガントなエンブロイダリーの生地です。

P1050171_convert_20120622011805.jpg

P1050172_convert_20120622011835.jpg

写真では解りづらいのですが、この生地はシルク調のポリエステルシャンタン地にレーヨンの刺繍が施され、優雅な花柄を表現しております。

刺繍の部分が多く、普通にカーテンに縫製した場合、そのお花の刺繍がきれいなプリーツを表現する邪魔をします。つまり、刺繍の厚さ、硬さにプリーツが負けてしまう訳ですが、今回は形状記憶加工で強制的にプリーツを整え、とても美しいウェーブを表しています。

メーカーカタログ上では、このような加工は不可となっているのですが、実際に同じ生地で試験をして、問題のない事を確認してから、真空釜での形状記憶加工をかけました。

P1050170_convert_20120622011904.jpg

タッセルにも気を使い、よりエレガントを強調するビーズタッセルでアクセントを出しています。

P1050166_convert_20120622011932.jpg

ダイニングスペースは、アールのついた壁面に3連のテラス窓が並びます。

リビングの生地でストレートのギャザーバランス、色を合わせたロールスクリーン、そして窓枠の中にエンブロイダリーのレース。

P1050178_convert_20120622012115.jpg

こちらのレースも形状記憶加工で常にきれいなウェーブで下がります。

P1050176_convert_20120622223622.jpg P1050177_convert_20120622223700.jpg



外のウッドデッキへの出入りにレースカーテンが邪魔にならないように、右上の写真のようなカーテンストッパーをレールに組み込んでいます。

そうする事で、レースカーテンを空けた状態(左上の写真)でタッセルを掛けなくても出入の妨げになるものではありません。


リビングから2階へと繋がる階段の途中、おっと!ここにもモリスの壁紙が!!
 
     

       とても素敵なK様宅、 つづきは明日書きます・・・・


スポンサーサイト



  1. 2012/06/21(木) 23:39:06|
  2. エンブロイダリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンブロイダリーのプレーンシェード

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


ここ苫小牧もようやく桜が満開となりました。本州の方々にとっては『えっ!今頃?』と思われるでしょうが、例年通りです。
しかし、いまだ朝・晩は暖房なしでは過ごせません・・・。暖かい日が来るのが待ち遠しいです。


昨日、当社も加盟している中小企業団体の有志たちが、宮城県の被災地へ支援物資を届けに出発いたしました。
食料品、自転車、パソコン、電動工具など、会員から募った物資を2トントラックに満載し、自社を避難所として解放している会社や、企業活動再開の準備を進めている会社に直接お渡ししてくるようです。
仕事の忙しい中、組織を代表して輸送に当たって下さってる皆さんには、頭が下がる思いです。
被災地はもう暖かく、半袖のTシャツが不足しているとの情報により、私は急遽少しばかりではありますが、買い付けをし物資に混ぜていただきました。
少しでも、お役に立てれば幸いです。



さて、リビングにエンブロイダリーのレースでプレーンシェードを仕立て連窓に付けた M 様邸を紹介いたします。

P1000997_convert_20110517015844.jpg
4連の小窓には、プレーンシェードを枠内付け。
裾がスカラップに仕上がっているエンブロイダリーの場合は、裾の柄を活かす様に製作します。

P1000994_convert_20110517015927.jpg
裾がスカラップに仕上がっているエンブロイダリーをカーテンに仕立てた場合は、窓台の上場が裾になる様に寸法を決めます。

P1010004_convert_20110517015959.jpg
ドレープカーテンは柄取り縫製により、きれいに柄が整列します。

P1000980_convert_20110517020030.jpg
リビング横の洋室は、色違いのドレープカーテン。

P1000984_convert_20110517020100.jpg
キッチンのロールスクリーン、ブラインドはシンクの色に合わせレモンイエロー。

P1000993_convert_20110517020129.jpg
子供室はドレープ、レース共に綿毛のような意匠糸が織り込まれた可愛らしい生地です。


リビングと洋室のレースカーテンは、当店ショールームにディスプレイされており、決して安価な商品ではないのですが、やはり現物をご覧いただき惚れ込まれるお客様が多く、非常に人気の高い品です。


オーダーカーテンはカタログではなく、できるだけ大きな現物サンプルをご覧いただき、納得して良い商品をご購入されることをお薦めします! 






  1. 2011/05/16(月) 23:46:05|
  2. エンブロイダリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0