FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

ブラインドだって楽しめます・・・

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


新築住宅の柄決めを行う場合、どうしてもお客様からあまり評価を受けていないのがブラインド。
ひと通りのメカ物(シェード類やプリーツスクリーン、ロールスクリーンなど)のそれぞれのメリット、デメリットを現物サンプルを用いて説明をするのですが、『ブラインドはちょっと・・・』と首をひねるお客様が多いのが現状です。

木製ブラインドともなれば、その質感や重厚感がマイナス部分を補うほどの魅力を感じ、支持を得ることができるのですが、昔からある一般的なアルミスラットの横型ブラインドは、過去に汚れや、羽折れ(曲がり)の経験があるのか、反応はイマイチです。

調光という点では、最も優れたアイテムなのですが・・・。


さて、そんなブラインドですが、アイデア次第でとても素敵になりますよ。

P1080176_convert_20131009230257.jpg

キッチン横の小窓にシルキーカラーコーディネートタイプを付けました。

P1080177_convert_20131009230327.jpg

上部には、スウェーデン、アルメダール社の「perssons kryddakap」でフラットバランス。
そして、ブラインドのスラットカラーに、ブルー・オレンジ・グリーンのポットの色を挿しこみコーディネート。

奥様の大好きなファブリックをバランスに使い、機能性を重視したブラインドと合わせてとても素敵な窓を演出することができました。



次に玄関の様子。
このブログでもよく紹介しておりますが、当店では大人気のB-fifty デザインタイプ。

玄関ドアを挟んで両側の小窓に、柄違いで取り付けました。

P1080182_convert_20131009230352.jpg

P1080184_convert_20131009230711.jpg

P1080183_convert_20131009230644.jpg

昼も夜も来客者を優しく迎えてくれそうです。


今日は、当社で最近人気の高いブラインド2タイプ、シルキーコーディネートタイプとB-fifty デザインタイプをご紹介しました。

次回は、こちらのお宅で採用いただいた、イギリスブランド『ハーレクイン』のファブリックを中心に書きますね。





スポンサーサイト



  1. 2013/10/09(水) 21:57:46|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レザーテイストのブラインド・・・間仕切りに採用

苫小牧のオーダーカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


リビングとキッチンの間仕切りにレザータイプのブラインドを取付しました。

P1060334_convert_20130206234955.jpg

P1060335_convert_20130206235031.jpg

トーソーのデザインブラインド 「フィオリア」レザーテイストシリーズからブラウン色の採用です。
来客時などにリビングからキッチンがまともに見え過ぎるのを解消する為に取付しました。

スラットの角度調整により、微妙な透過性を演出できます。また、今回はブラウン色の採用ですが、これは、キッチンの収納扉、食器棚の面材も近似色のレザーテイストシリーズが使われており、よりラグジュアリーで調和のとれた上質なインテリアに仕上がっていると思います。

P1060341_convert_20130206235104.jpg

このような間仕切りとして使用するときの為に、メーカーではオプションとしてバックバランスが用意されています。つまり、表側に加え、裏側にも木製のバランス(上飾り)を追加することができ、どちらの面から見ても装飾性が高く仕上がっています。

P1060339_convert_20130206235131.jpg


通常であれば本体の取付、バランスの取付と数十分もあれば終わる現場なのですが・・・、今回はそうもいかない理由がありました。

小さな梁下に取付しなければならず、その取付可能な幅は 90 ㎜ほどしかない・・・。
しかし、製品の仕上がり幅は、下図のように 123.5 ㎜。

convert_20130206235241.png

ここでカーテン職人の血が騒ぐのです!!(笑)

バランスを分解し、電動丸ノコとL字金具、そしてドライバーとで格闘すること数時間・・・

P1060343_convert_20130206235155.jpg

90㎜のスペースにピッタリとおさめることができました。
操作等には全く問題もなく、完璧な仕上がりです
しかし、取り外しは多分自分にしかできません・・・

結局、数時間もの時間を要しましたが、納得の行く仕事が出来ました。
はじめから、ブラインドボックスなどがあればこの苦労はなかったのですが・・・。



  1. 2013/02/07(木) 23:59:52|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルエットを楽しむブラインド

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


前回、前々回にご紹介しました K様邸のつづきです。


まずは主寝室・・・

P1050730_convert_20121014231817.jpg

2本の木の枝にはたくさんの葉が茂り、黄色い小さな実がなっています。

ここは、お得意のコンビネーションスタイルで両サイドにブラウンを合わせました。

ブラウン、グリーン、オレンジ・・・何色をサイドに合わせるかは、非常に悩むところです・・・。

使う色によってそのイメージは全く違ってきます。

寝室ということもあり、ここは落ち着いた色でブラウンに決定!

他にある小窓二つには、グリーン無地のロールスクリーンでコーディネートしています。(写真には写っていません・・・)

P1050729_convert_20121014231917.jpg


小学校入学前の女の子のお部屋・・・

P1050732_convert_20121014231952.jpg

いろいろなお花がカラフルに咲いているのは、ホワイトベースの遮光カーテンです。

もちろん可愛らしくて子供部屋に向いていますが、ご成長されて大きくなってもOKですね。

レースは窓枠内にレールを付けて、ガラスいっぱいに覆っています。

女の子のお部屋であるので、外からは見えずらいミラーレースを採用し、形状記憶加工を施すことによって常にきれいなプリーツラインが出るよう仕立てしています。

P1050734_convert_20121014232032.jpg

レースの裾は、生地本体にプチプチっと入っているピンクの糸に合わせて、色糸でロック仕上げとしました。ちょっとしたこだわりです・・!

P1050735_convert_20121014232107.jpg


ご主人のお母様のお部屋は・・・

P1050717_convert_20121014232335.jpg

窓が道路面に接し、その距離も近いことから、遮光カーテンで安心してくつろげるようご提案いたしました。

P1050718_convert_20121014232407.jpg

遮光カーテンは横ハリが強く、きれいなウェーブが出ずらいものですが、今回は真空釜による形状記憶加工を付加しているので、丈の長い掃出し窓であっても丸みのある美しいプリーツを生み出すことができています。


そして、外から玄関上を見上げると・・・
P1050697_convert_20121014232303.jpg

2階の窓に小鳥とリスの影が・・・

P1050720_convert_20121014232142.jpg

ニチベイの「B-fifty デザインタイプ」の中から、ポリカーボネートの羽に柄をプリントし、シルエットを楽しむブラインド『Little Friend』。

P1050721_convert_20121014232219.jpg

羽を閉じた状態で、このようにシルエットデザインを楽しむことができます。

道路面に面している窓や、人目につく窓にこのようなデザインの物を取り付けすると、道行く人をも楽しませることができるのです。


ちょっと遊び心があって、個人的には大好きなアイテムの一つです。


ご紹介してまいりました K様には、お仕事でお疲れのところ何度も夜の打ち合わせにもご来店いただき、そして、それぞれのお部屋一つひとつにしっかりとこだわりをもってお選びいただいたこと、感謝申し上げます。楽しいプランニングと打ち合わせが出来、このお仕事のやりがいを強く感じる日々でした・・・。




  1. 2012/10/14(日) 23:53:22|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラインドの楽しみ方

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


ブラインドにもこんな楽しみ方があるのです・・・

P1020253_convert_20120216222501.jpg

一見、ただの二色使いのブラインドに見えますが、よーく見ると薄っすら羽に柄がのっています。

羽を閉じると・・・

P1020252_convert_20120216222409.jpg

これで、柄がくっきり浮かび上がります。

写真を撮った時は、ちょうど陽射しが差し込み、反射で見ずらい状態ですが、夜になるともっとはっきりとお花の柄が見えることでしょう。

シンプルなブラインドでありながら、個性を発揮するにはおもしろいアイテムです。

他に同じタチカワブラインドの商品としては、

闃ア縺?繧点No7502_convert_20120216231634 繝輔ぅ繝シ繧ォ_No7504_convert_20120216231716

縺輔s縺ス_No7507_convert_20120216232418  (いずれもメーカーカタログより)

などがあります。


ライバルメーカーのニチベイには、
B115108a_V202_200_convert_20120216231809.jpg B115108b_V203_200_convert_20120216231838.jpg

B115108c_V204_200_convert_20120216231857.jpg B115109b_V208_200_convert_20120216231916.jpg
(こちらもメーカーカタログより)
など、まだまだ他にも楽しい柄が用意されています。

また、昨年、50mmのポリカーボネートにシルエットを印刷したとってもオシャレなブラインドも登場しています。

C14201013a_200_convert_20120216231956.jpg

C14201014a_200_convert_20120216232016.jpg
(カタログ写真)


ブラインドもただ機能性とシンプルさを求めるのではなく、ちょっとこだわりや個性を入れる事で、他にはない素敵な窓辺をつくることができるんです。


やはり、現物サンプルがないと、この良さが伝わりにくいので、近日中にショールームにサンプルを展示しようかな・・?








  1. 2012/02/16(木) 23:48:18|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風に強いブラインド

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


暑い季節になると、エアコンの普及率が低い北海道においては、窓を開けて風を入れることが多くなります。

そんな時にブラインドが付いていると、風でバシャバシャンとアルミの羽が音を立てて暴れます。

窓を開けて風は入れたいし、ブラインドを降ろしてプライバシーも守りたい。
そんな場合にお薦めなのが、『TOSOセラミー25強風』。

先日、新築住宅のご主人の書斎に取り付けました。


P1010473_convert_20110809235606.jpg P1010478_convert_20110809235701.jpg

P1010475_convert_20110809235729.jpg P1010477_convert_20110809235757.jpg

ブラインドの両サイドにガイドコードが通っており、ブラインド本体の風による揺れを防いでいます。
今回は窓枠内付けなので、窓台に直接ガイドコードの固定部品をネジ止め。

また、このタイプは、スラット(羽)自体も通常より厚く、丈夫に作られています。

更に、下の写真(メーカーカタログより)の様に、スラット(羽)が一枚一枚ラダーコードによって上下から挟み込まれており、風による羽の回転を防いでいます。

10810001118.jpg

風に強いブラインド。ブラインドの暴れを気にしないで調光ができる優れもののブラインドです。

住宅はもとより、オフィスなどにもお薦めです。


階段ホールは、あまり窓を開閉しないということから、プリーツスクリーンのツインスタイルにしました。

シースルーの生地と不透明の生地が上下に配置され調光することができます。

アルミのブラインドとはまた違った、柔らかい陽射しをシースルー生地を通して取り入れることができます。

P1010480_convert_20110810002736.jpg


リビングまわりには、当社でも数年にわたり人気の高い、FA6222(フジエテキスタイル)のイエロー。
シンプルな無地調でありながら、しわ加工と横段の意匠糸が可愛らしさと柔らかさを表現しています。
ドレープ性も非常に良い生地です。

P1010481_convert_20110810002811.jpg

P1010483_convert_20110810011319.jpg

カーテンボックスの箇所以外のカーテンレールは、レガートプリモ Mキャップ。
内装建具の色とも合わせ易く、また、下の写真の様に、入り隅箇所も問題なく収まります。

P1010485_convert_20110810002840.jpg


省エネが求められる昨今、エアコンのあるオフィスにおいても、窓を開けて自然の風を取り入れてみてはいかがですか?
ブラインドの暴れがきになるようであれば、通常のブラインド(25mm幅)に後から付けれる『あふりどめ』もあります。
シルキー_2010-10-21_1312907465
610円(2個セット)タチカワブラインド


  1. 2011/08/09(火) 23:03:57|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロスとブラインドの色合わせ

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


ここ数年、お部屋の壁の一面だけをポイントに色を変えたり、柄物のクロスを貼ったりといった住宅が増えています。

今日ご紹介するのは、子供室の2色使いのクロスに合わせて、ブラインドの色でちょっとだけ遊んだ例です。

P1010491_convert_20110806233422.jpg

P1010493_convert_20110806233451.jpg
女の子のお部屋です。丸窓の壁のみマゼンダのクロスで他3面はホワイト。
ブラインドは逆色を使い、お部屋にリズム感を与えています。


P1010488_convert_20110806233346.jpg
こちらも同様にピンクがポイントとなっています。


写真で見ても、丸窓に付けたブラインドには、若干の違和感があります。

丸窓の場合は、枠内側にピッタリと丸いブラインドを製作することもできます。
しかし、円形ブラインドの場合は、羽の回転のみ可能で、昇降することはできません。

ここが、いつもお客様と打合せ時に悩むところです・・・。

お部屋から見た目には、当然円形のブラインドのほうがきれいなのですが、しかし、居室となるとやはり時には全開したくなるものです。

今回もお客様に円形ブラインドのメリット並びにデメリットを伝え、結果、壁付けで通常のブラインドを付けることになりました。


丸窓や三角窓、他の変型窓はデザイン的には面白く良いのですが、カーテン屋的には悩みの種です。
お客様とじっくりと打合せをし、その時々でベストと思われる商品をお勧めしています。

  1. 2011/08/06(土) 23:56:09|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セパレートタイプのブラインド

苫小牧のカーテン・ブラインドの専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


セパレートタイプのブラインドを数台施工しました。

普通のブラインドはその昇降頻度によりますが、数年経過でヒモ切れやストッパー不良など必ずと言っていいほどメンテナンスが発生いたします。

サイズが大きくなればなるほど、その重量も増し、昇降用のヒモにかかる荷重も大きくなります。

大きな窓の場合はもちろんのこと、さほど大きくなくても昇降頻度の高い場合は、2台あるいはそれ以上に分割することが長く傷めずに使う秘訣です。


今日の現場は、そんなに大きな窓ではありません。
ひとつを例にとりますと (巾)1620×(丈)1420のブラインドです。

P1010324_convert_20110625010212.jpg
ブラインドの羽は、窓の開閉部分とFIX部分の2つに分かれています。

P1010323_convert_20110625010135.jpg
ヘッドボックスは一本物でできていますが、羽の開閉(回転)、上げ下げ(昇降)はそれぞれの部分で単独でできます。

P1010326_convert_20110625010241.jpg
左右の羽の隙間が1cmだけは必ず開きますが、上の写真のようにサッシの樹脂枠部分で分割すると、その隙間は気になりません。

このセパレートタイプは価格的なメリットが大きいです。

メーカー定価で比較をすると・・・
 ①1台で普通のブラインドとして製作すると 21,800円 
 ②セパレートタイプで製作すると 25,600円 
 ③2台のブラインドに分けて製作すると 16,500円+17,300円=33,800円

②のセパレートタイプは、1台で製作より3,800円ほど高くなりますが、2台のブラインドを別々に付けるより8,200円安くなります。

このように少しの費用負担で2台割と同等の機能が得られるのがセパレートタイプです。

ブラインドを購入される際には、考えてみてはいかがですか・・・?


  1. 2011/06/24(金) 23:29:40|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間仕切りにレザーテイストのブラインドでラグジュアリーな雰囲気を演出

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

夜のニュースを見ていると、首都圏でも降雪、明日の朝にかけて積雪もかなり予想されるとの報道です。
交通機関もかなり乱れがあるようで、明日の出勤等にも影響があるのでしょうね。
我々は雪の上や氷の上の歩行にも慣れていますが、このブログを読んで下さっている関東地区のみなさん、明日は歩行にも十分きをつけてくださいね。
コツはすり足で靴を滑らせながら歩く事です!

しかし、今年は特に雪が少ない苫小牧です。
元々、北海道の中でももっとも少ない地域ではあるものの、これほど積雪がないのもここ近年では珍しいです。
幹線道路はもとより、交通量の多い道路はほとんどアスファルトが乾いています。
(住宅街はガリガリの氷面ですが・・・)
雪かきでお疲れの道内の皆さん、是非、苫小牧に移住を考えてみてはいかがですか?


さて、地域の宣伝は以上で、施工現場の紹介に移ります。

飲食店の間仕切りにレザーテイストのブラインドを付けました。
(写真は開店の準備中でいろいろ余計な物が写っています・・)
P1000733_convert_20110215010247.jpg
ボックス席の仕切りと、廊下と客席との仕切りです。

P1000724_convert_20110215010333.jpg
高級な素材感が、ラグジュアリーな雰囲気を演出します。

H10000806_convert_20110215011919.jpg

店舗の間仕切りには、ウッドブラインドやロールスクリーンを使うケースが多いのですが、今回のオーナーさんは高級イメージを求められていたので、このレザーテイストのブラインドをお薦めしたところ、興味を持っていただき施工するに至りました。

ボックス席造作ソファ、テーブル、カウンターチェアも当社で納品させていただきました。
P1000728_convert_20110215010410.jpg

P1000729_convert_20110215010450.jpg

P1000731_convert_20110215010529.jpg

ブラウン系で統一された、落ち着いてお酒の飲めるラグジュアリーな雰囲気のお店です。

是非、沢山の方々にここのスペースでグラスを傾けていただき、美味しいお酒と、会話を楽しんでいただきたいものです。
そして、お店のご繁盛、心から祈念申し上げます。






  1. 2011/02/14(月) 23:51:19|
  2. ブラインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0