FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

電動式ロールスクリーンのコンセント設置

苫小牧のカーテン・ブラインド専門店『インテリアショップ荒幸』のブログです。


前回投稿のお客様宅の吹抜けの窓には、リモコン操作式の電動ロールスクリーンが付いています。

P1120397_convert_20160519175253.jpg

吹抜けの窓にカーテン類(ロールスクリーン含む)を付けるか、あるいは何も付けないか、それは周りの住宅との関係などが大きく左右すると思いますが、私は一応打ち合わせの時には何かしら取り付けることを勧めています。

可動式の商品を付けておけば、周りの視線を遮ることができるのはもちろん、夏の強い陽射しの対策にもなるからです。

今回の様にロールスクリーンを提案する事が常ではありますが、できることなら電動式を付けられることを勧めています。

余計な操作チェーンなどが吹抜け部から下がると見た目もあまり良くなく、また操作性を考えても上を見上げながらの昇降操作は決してやり易いものではありません。

近年は、非常に安価でリモコン電動式でしかもとても静かな動作音のロールスクリーンが各社から発売されています。

更に美しく仕上げる為には、コンセントの設置位置を事前にしっかりと打ち合わせすることが必須となります。

今日は、最近納品の事例を数点紹介いたします。

P1120391_convert_20160519175348.jpg

窓の奥行がある程度(細かい寸法を書くことは控えます)確保されている時は、この様に露出のコンセントでも問題ありません。
電気工事屋さんにとっては、一番簡単な方法かと思います。

P1120390_convert_20160519175324.jpg

スクリーンによってそのコンセントはほぼ隠れた状態になります。



別の現場例
P1110968_convert_20160519175424.jpg

スクリーン手前側にコンセントを設置した例です。
建物の構造上、一番ベターな方法を指定しました。

P1110970_convert_20160519175448.jpg

極力コンセントが目立たない様、家具用コンセントをスクリーン設置位置のすぐ手前天井位置に取り付けていただいています。
電気屋さんにとっては、ちょっと面倒な作業かもしれません。ここ北海道においては、住宅の気密性も重要ですので、当然コンセントを天井に設置することにより、その部分の断熱処理を天井裏で施していただかなければならないのです。



別の現場
P1100936_convert_20160519175521.jpg

こちらも家具用コンセントですが、ガラス寄りギリギリに設置していただきました。
ロールスクリーンを窓枠内手前に取り付けると、全く見えません。

P1110130_convert_20160519175542.jpg



別の現場
P1120049_convert_20160519175707.jpg

ロールスクリーンボックス内にコンセント差し込み部のみ穴から出していただいています。

P1120051_convert_20160519175728.jpg

コンセントを差し込み、ロールスクリーン本体で穴は隠れます。
この場合も電気屋さんには苦労をお掛けしてしまいますが、ちょっと面倒な断熱処理が必要です。


数例ご紹介いたしました。
窓の付き方、住宅の工法などは様々です。
その時その時、一番ベターな方法を考え提案するように努めています。
いずれにしても、早め早めの打ち合わせが必要です。

是非吹抜けには、音も静かで故障もない、電動ロールスクリーンを付けましょう・・・!
当社で施工させていただいたお客様は、皆大変喜んでいらっしゃいますよ!!
初期投資が若干高くても、5年、10年と毎日快適に操作ができれば、決して高いものではないと考えます・・・。

スポンサーサイト



  1. 2016/05/18(水) 23:44:56|
  2. 吹抜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹抜けにロールスクリーン

こんばんは。今日は新築住宅のカーテンの納品です。

リビングの吹抜けにロールスクリーンを取付ました。
最近は吹抜けのある住宅が多く、そして当然明り取りの窓があるわけですが、周りの状況や家のつくりによっては、やはり何かカーテンなどで窓を覆わなければなりません。昼間はガラスが反射し意外と見えずらいので、夜の事だけを考えて、ロールスクリーンを提案することが多いです。

住宅用の音が静かで、価格も手ごろな電動ロールスクリーンがメーカー各社から発売されています。当社のショールームにも展示しておりますし、お客様にもよくすすめています。ただ、電源(コンセント)が窓の近くになければ、コードを露出で壁づたいにコンセントの位置まで引かなければなりません。
今日のお客様もカーテンの打ち合わせをさせていただいた時には、ほとんど大工工事も終わっており、窓横にコンセントを設けるのはちょっとムリだったのです。お客様も少し電動リモコン式に未練があったようですが、諦めていただき、チェーン式で納めさせていただきました。

DSCF3701_convert_20100528010821.jpg  DSCF3704_convert_20100528010955.jpg

上の左側の写真でわかるように、FIXの窓が3連となってます。見た目を重視すると、ロールスクリーンを3つ別々にそれぞれ窓枠の内側につけるのがベターと思いますが、操作性、価格から考えると今回の様に1台にした方がよいかもしれません。
こちらの現場は下にも3連の窓があり、プレーンシェードを3台取付るものですから、あまりにも操作チェーンが多くなりすぎるので、吹抜け部分は巾270cmの大きなロール1台としました。

私が立っているのが、当社でも大活躍の軽量・小型の仮設足場、その名も“ハッスルタワー”です。吹抜けの施工時にはよく出動します。以前はこの様な場合に、ハシゴで作業することが普通だったのですが、4~5年前にこの足場を購入し安全、安心に工事ができるようになりました。まだまだ、ハシゴで取付をしているカーテン屋さんがほとんどだと思いますが、とても危険です!(本来ハシゴは昇降用で、作業床として認められていません…)安全に、そしてきれいな仕事をするためには本当に助かってます。

他、全室にカーテンやプレーンシェードを取付しました。紹介したいこだわった部分もありますので、また日を改めて書きます。

  1. 2010/05/27(木) 23:33:04|
  2. 吹抜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0