FC2ブログ

インテリアショップ荒幸 施工日記

苫小牧でオーダーカーテンの専門店を営む店長の日記です。日々の仕事を写真を交えながらつづります・・・。

フラットカーテンに形状記憶加工

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


カーテンはグリーン系で、と決めてご来店いただいたご新築のお客様です。

P1050247_convert_20120609000048.jpg

大きなサークル柄の生地でフラットカーテンとプレーンシェードに仕立てました。

P1050241_convert_20120609000153.jpg

小窓はサークル柄のグリーンに合わせたロールスクリーン。

P1050249_convert_20120609000315.jpg

掃き出し窓は柄をいかす為にフラットカーテンにしました。
このようなはっきりとしたモチーフの大柄の生地の場合は、その柄の出し方が重要になります。
事前にお客様と十分に打合せをし、今回は上部より柄出しをして、裾で柄が途中で切れる様に作っています。

P1050248_convert_20120609000345.jpg

このフラットカーテンは真空釜による形状記憶加工を施している為、開けたときも閉めたときもきれいなウェーブが保たれています。

フラットカーテンの時も、形状記憶加工はオススメです。形態安定の加工と違い、丸みのある美しいプリーツが表現でき、また滑りの良いカーテンレールを使用すれば、カーテンを閉じた時に自然と均等に近いウェーブ間隔が生まれます。

今回は柔らかい比較的プリーツの出易い生地ですが、例えば、横はりの強いジャガード織りの生地であったり、プリーツの出にくい遮光の生地であっても、このような真空釜による形状記憶加工を施すときれいなフラットカーテンを作ることができるのです。


つづいて、子供部屋の一つをご紹介します。

P1050255_convert_20120609000450.jpg

3面はホワイトの壁、ポイントに一面だけ濃い目のピンクの壁クロスです。
おなじみの提案なのですが、ホワイトとピンクのブラインドを壁クロスと逆使いで取り付けました。

ブラインドの羽を開けると・・・
P1050254_convert_20120609000419.jpg
実はカーテン屋泣かせの丸窓が現れました。

最近はこのような直径120cm位の大きめの丸窓をよく見かけるのですが、なかなか「これだっ!」というカーテンの吊り方が思い浮かびません・・・。

円形のブラインドにすると、見た目はしっくりと納まるのですが、羽の昇降ができなく機能的にどうかなぁ?・・・と。

窓上にカーテンレールを付けて普通にカーテンを吊り下げるのも、どうも格好よくありません。

結局はロールスクリーンやブラインドを窓上から付けることがほとんどなのですが、同業者の方でこれがいいよ! というのがあれば是非教えていただきたいです。



玄関横のシューズクロークの入口はレースカーテンで目隠しをしています。

P1050294_convert_20120609000525.jpg

開口部全体を覆うと圧迫感が出る為、横の間仕切り壁の高さから床までで取り付けしました。

P1050297_convert_20120609000601.jpg

裾はロック仕上げとだけ縫製所に指示したのですが、気を利かして格子柄の部分の糸色と同じ色で裾が仕上がっています。
ちょっとした事ですが、商品価値が上がります。(縫製所に感謝!感謝!)


納品後、まだお客様にはお会いしていませんが、多分喜んでいただける仕上がりになっていると思います。

O様、ありがとうございました。


スポンサーサイト



  1. 2012/06/08(金) 23:21:21|
  2. フラットカーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイデアと技に感動・・・モリスのブックカバー

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


先日、間仕切りにウッドブラインドやウィリアムモリスの壁紙、ハーレクインの壁紙などを納入させていただいたオープン間近の美容室に追加でご注文をいただいたカーテンを納めに行ってきました。


P1010356_convert_20110710002634.jpg
レジカウンターの後ろのバックヤードをフラットカーテンで間仕切っています。

フジエテキスタイルの多色展開の無地「ヤム」の中から、店内の壁面に貼った壁紙の色合い、建具類の色合いとの調和を考え、暗めのパープル系のベースに朱色をアクセントにした2色使いのフラットカーテンを作りました。

P1010357_convert_20110710002722.jpg
あえて2色の生地の巾を変えて変化をつけています。
写真には写っていませんが、開閉し易い様に両端からカーテンバトンを下げています。

たかが間仕切りと考えがちですが、来店されるお客様からの目線を考えるととても目立つ重要な位置に下がっています。
色のチョイスや、2色の生地の巾継ぎに変化をつけることにより、リズム感が生まれ、後ろ側を隠す為のカーテンが店内インテリアの中でしっかりと役割を果たしている様に感じます・・・。


施工が終わって帰ろうとした瞬間、ふと目に飛び込んできたのが、鏡台に置かれた3冊のメニューブック。
P1010355_convert_20110710002753.jpg

P1010354_convert_20110710002854.jpg
何と、壁紙と同じ柄のメニューブックカバーが・・・すばらしい!!

P1010353_convert_20110710002822.jpg
アンティーク調の素敵な鏡台と120年も前にデザインされた『ウィリアムモリス』の「ブラックトーン」の柄のジャガードファブリックの共演が何とも言えない心地よさを与えてくれます。

数日前に当社より生地のみを販売させていただいておりましたが、この様に変化するとは・・・感動!!

この仕事をしていると、もちろん自分の担当分野であるカーテンの納品ではたくさんの感動をお客様と共に味わっておりますが、時々、他の業者さんの仕事や、このブックカバーのようにアイデアと繊細な技術を持たれた方々の技に深い感動を覚えるのです・・。これも、私がこの仕事の虜になっている一つの原因ですね!


P1010359_convert_20110710002923.jpg
アンティークなモザイクタイルに縁取られた鏡には、壁の柄が映り込み、ぅん~!何ともいいですね・・・。

モリスの好んだ英国の花、ブラックトーンやスミレの花がデザインされたこの『ブラックトーン』はモリスブランドの中でも長年世界中で愛され続けている人気商品です。

壁紙の他、本場英国製のコットン地のプリントファブリック、また今回ブックカバーとなった日本製のジャガード織りの生地、どれも当社で取り扱っておりますので、是非、ウィリアムモリスの世界を覗いてみてはいかがですか?


  1. 2011/07/09(土) 23:19:05|
  2. フラットカーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラットカーテンを付けました

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。

なかなか連日の更新はできないですね・・。昨日は新年会の予定が当初は入っていたのですが、今日オープンのモデルハウスのカーテン施工を夜に行なわなければならず、残念ながらキャンセル。
そんなんで夜現場に入っていたのでブログの更新もできず・・・。

今度朝書こうかな?いやいや朝には弱いのでムリでしょう!


現場写真は一昨日のつづきです。

2階のホールにフラットカーテンを取り付けました。
P1000431_convert_20110123015055.jpg
1.3倍使いのフラットカーテンですが、本当は完全にフラットになった方がカーテンの柄はきれいに見えるでしょう。
P1000428_convert_20110123015008.jpg
カーテンと色違いの生地でクッション。
黒い大きめのドット模様でサークル柄を表現しています。
生地のデザイナーさんのいたずらか1つだけハート模様が隠れています。
P1000430_convert_20110123015133.jpg


P1000436_convert_20110123015245.jpg P1000435_convert_20110123015210.jpg
フラットカーテンのレールはネクスティを使い、カーテンストッパーを装備さ開けたときの戻りを防いでいます。
カーテンストッパーに関しては先日も説明しましたので、そちらを参照してください。
                  参照(1/13 Blog )


W 様邸の写真を3回に分けて掲載しました。
どこのお部屋もこだわっていただき、とても楽しく柄決めを進めることができました。

たくさん購入いただいた上に、お土産まで頂戴し大変恐縮しております・・。





  1. 2011/01/22(土) 23:28:23|
  2. フラットカーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和モダン・・・フラットカーテンにカーテンストッパーを付けてます。

苫小牧のオーダーカーテン専門店「インテリアショップ荒幸」のブログです。


今日は「ピース記念日なんだ!」と同業界人と雑談をしている時に聞きました。
何の事か解らずに取り合えず相槌を打っておいたのですが、気になったので事務所に戻って調べてみたら、「ピース」とはタバコのピースの事でした・・・。な~んだ!!

65年前(1946年)の今日、高級タバコとして「ピース」が発売されたそうです。
10本入って7円・・・これって高いのかなぁ?貨幣価値が全く違うのでどうなんでしょう!

私は時代に合わず愛煙家なのですが、現在吸っているのは20本入り410円。随分と高い物になってしまいました。
以前は日に2~3箱吸っていた時代もありますが、現在は吸える場所に限りがあるためせいぜい一日に5~15本位です。当然、自宅や事務所、ショールームでは一切吸っておりません・・・。

けっこう我慢はできるので、いっその事止めてしまえばいいのにと自分に言い聞かせている今日この頃です・・・。


さて、余談は以上で、現場紹介に移ります。
昨年末に施工、建売住宅のカーテンです。

P1000551_convert_20110113232904.jpg
イメージは「和モダン」。ドレープはブラウン系の綿・ポリエステル混紡の畦織り組織で適度なボリューム感と綿混の風合いが特徴の人気の生地です。
プレーンシェードにするとストライプ柄がくっきりと表れます。(写真下)
レースはオパールプリントで枝葉を表現した透け感のきれいな生地です。
柄を見せる為、1.3倍使いのフラットカーテンに仕立てています。
P1000553_convert_20110113232953.jpg

P1000552_convert_20110113233032.jpg
プレーンシェードが2台並ぶ窓は、高さサイズが違いますが、夜の見た目を考慮して同じ丈で製作しました。
天井にはシェードボックスを予め付けており、たたみ代がちょうど隠れます。


P1000559_convert_20110113233110.jpg
居間つづきの洋室。窓が部屋の入り隅から付いている為、この場合は左右にカーテンたまりをつくるより、写真の様にプレーンシェードで上部にたまりをとった方が良いかもしれません。
カフェカーテンは居間のフラットカーテンの残布で製作しました。


窓の開口部や出入り口の開口部を広く確保する為の部品「カーテンストッパー」について少し解説します。

P1000549_convert_20110113235225.jpg P1000563_convert_20110113235308.jpg
写真左上:レースは一枚物(片開き)にした方がきれいです。
写真右上:このように両サイドに出入りできるテラス窓が付いています。

P1000564_convert_20110113235348.jpg P1000565_convert_20110113235427.jpg
写真左上:カーテンは通常、開けても芯地の反発力により戻ろうとします。それをマグネットの力で強制的に止めることができます。
写真右上:レールにカーテンストッパーの一方をセット。

P1000566_convert_20110113235505.jpg P1000567_convert_20110113235542.jpg
写真左上:先頭のマグネットランナーにカーテンストッパーのもう一方をセット。
写真右上:ストッパーの強力磁石と受け側とがピタッとくっつきます。
これで開口部が確保することができます。

このカーテンストッパーは付属部品で揃うレールが限られていますので、専門店に相談すると良いでしょう。
なかなか優れものです・・・。







  1. 2011/01/13(木) 23:57:38|
  2. フラットカーテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0